声に出す学習方法のメリット

英語らしい発音が身につく!
声に出すことで自然と英語らしい発音になります。英語特有のリズム、強弱、イントネーションのつけ方は、たくさん話すことでしか身につきません。
リスニング力が身につく!
人間は、発音できない音は聞き取れないといわれます。英語をたくさん発音することが、実は、英語のリスニング力を上げる近道でもあるのです。
英語の文法が身につく!
お手本の英語をマネして発声するためには、文の区切りや意味的な塊を意識する必要があります。シャドーイングやリピーティングを繰り返し行うことで、英語の定型表現や文法が身につき、英語らしい言い回しが自然に口をついて出てくるようになります。

プライベートからビジネスまで様々な場面で役に立つ会話表現を多数収録。
これから英会話をはじめたい方から、日常会話に困らないレベルの方まで幅広くお使いいただけます。

↑このページのTOPにもどる

話して覚える!効果抜群の発声トレーニングとは?

1.お手本を聞きながら、高低グラフと強弱グラフで波形を確認しましょう。
高低グラフ
強弱グラフ[高低グラフ/強弱グラフ]で波形グラフ表示を切り替えることができます。
2.録音しましょう。録音には「シャドーイング」と「リピーティング」の2つの方法があります。
シャドーイングとリピーティング
シャドーイング
ネイティブのお手本を聞くそばから影のように追いかけて真似していく学習法です。言語特有のリズム、アクセント、イントネーションなどを身につけることができます。
リピーティング
お手本を聞き終えた後、その音声を思い出しながら発声していく学習法です。一旦聞いた音声を覚えなければならないので、リスニング力や文章の構造を把握する力も鍛えられます。
3.お手本の波形グラフ(青色)と自分の波形グラフ(緑色)を比較して、お手本の発音に近づけるようにして繰り返し練習しましょう。
高低グラフ
強弱グラフ[高低グラフ/強弱グラフ]で波形グラフ表示を切り替えることができます。

グラフをタップするとグラフの拡大表示も可能です。

iPad
高低グラフと強弱グラフが一度に見られて、わかりやすい!

高低グラフと強弱グラフ

↑このページのTOPにもどる

多彩な学習メニューで あなたのやる気をしっかりサポート

◆収録会話
難易度がLevel1~3の3段階に分かれており、全部で700以上の例文を収録。プライベートからビジネスまで様々な場面で役に立つ表現を効率的に学習できます。
◆レッスン内容
英語の発音
母音と子音、合わせて50種類の発音の仕方を学び、発音練習ができます。発音している時の口や舌の動きなどを、詳しく解説しています。
  • iPhone
  • iPad
発声トレーニング
「お手本の声」と「自分の声」を音の高低と強弱の2種類の波形グラフで比較しながら、お手本の発音に近づけるように繰り返し声に出すことで、自然と正しい発音が身につきます。 学習の成果は、音声を聞いて正しい日本語訳を選ぶ「確認テスト」で確認できます。
  • iPhone
  • iPad
聞き取りトレーニング
LとRや、[æ][ɑ][ʌ]など、日本人が苦手とする英語の音を聞き分ける選択クイズ形式のトレーニングです。紛らわしい音を正しく聞き分けられるようになります。
  • iPhone
  • iPad
学習履歴
トレーニングの学習進度や成績をグラフで表示します。得意・不得意項目を確認したり、学習計画を立てたりするのに役立ちます。

↑このページのTOPにもどる