特別支援教育の情報誌
 
 
 
 
 
月刊 実践障害児教育 3月号
2019年2月16日発売
本体 680 円(+税)
 
 
2019年3月号
特集:
子ども自身が「学び方」を選択する!
学びのユニバーサルデザインの
視点を生かした授業づくり
わかりやすい授業を心がけていても、クラス全員に100%理解させるのは難しい。
一人ひとりのニーズに応えるために授業を見直し、子どもが自分にあった学び方を選択できるようにすることで、子どもたちの学習への意欲を高めた授業を紹介する。

【概論】
意欲をもち、方略的に学べる学習者を育てる
学びのユニバーサルデザイン

金子晴恵

【実践1】
多様な子どもたちのつまずきを予想して
授業の展開を整理する

浦野裕司

【実践2】
子どもが学習のゴールを理解し
教材を選択することで学習意欲が向上する

有澤直人

【実践3】
UDL実践のゴールと評価を示すツールで
振り返る授業と生徒の変容

松戸結佳
 
4月号 ●これからの特別支援教育現場で変わること(3月15日発売予定)
発達障害の子の遂行機能「何度言ったらわかるの?」を「できた!」に変える上手な伝え方
日常生活や学習で何度言っても同じ失敗をする子どもには遂行機能(実行機能)の問題があるかも!伝え方しだいで成功体験を増やす。
通常学級で役立つ 算数障害の理解と指導法
計算ミスが多い、文章題が苦手、テストが常に60点・・・通常学級に複数いる算数障害児を含め全員にわかりやすい授業ができる本。
自閉くんのマニュアルがありません!
自閉症&知的障害の息子こうちゃんと家族らの日常を4コマ漫画とひと言解説で描く。