特別支援教育の情報誌
 
 
 
 
 
月刊 実践障害児教育 9月号
2019年8月16日発売
本体 680 円(+税)
 
 
2019年9月号
特集:
できた! やってみたい! もっと頑張ろう!
働くことへの意欲を育むキャリア教育
学校教育において、子どもが卒業後も意欲的に生活し、職業的・社会的に自立していく力を育むことが欠かせない。ライフステージごとに先を見据えた適切な支援を行い、一人ひとりが社会の中で自分の役割を果たし、自己実現していくための「キャリア発達」を促した実践を紹介する。

【概論】
キャリア教育で自分や大切な人のために働く意欲を育む

竹林地 毅

【実践1】
「先生! 僕たちだけでやってみる!」
児童同士の関わりから育まれた主体性

伴 知衣子

【実践2】
「働くとは?」の課題に自ら向き合い
キャリアマネジメントを考える学習

向井紋子

【実践3】
「やりたい」「頑張ろう」と思える
作業学習で自己有用感を育む

冨谷俊輔

【卒業後】
キャリア発達をつなぐ「自分らしさ」のサポート

山口明日香
 
10月号 ● 共生社会に向けた自立活動(9月14日発売予定)
知的障害教育ならではの主体的・対話的で深い学びができる本
「PDCAチェックシート」と19の「授業改善のコツ」をもとに「主体的・対話的で深い学び」の視点から授業改善し、指導を積み重ねることで、知的障害のある児童生徒の学びを保障できるようにする。
3ステップで行動問題を解決するハンドブック
「子どもが望ましい行動をやってくれない」「問題となる行動をやめてくれない」という『行動問題』を、応用行動分析学(ABA)の理論や技法を活用し、教育活動や子育ての中で解決できるようにする。
目指せ! 英語のユニバーサルデザイン授業
単語が覚えられない、読めない・書けない、カタカナ発音になる、文法がわからないなどのつまずきを予防する、またすでにつまずいている場合はその問題を解決できる、小中学校での指導・評価のコツと具体的活動を紹介。