特別支援教育の情報誌
 
 
 
 
 
月刊 実践障害児教育 11月号
2018年10月16日発売
本体 680 円(+税)
 
 
2018年11月号
特集:
子どもの困難さに応じて選ぶ・使う!
学校全体で取り組む
支援機器等教材の活用
学校教育の場面で、障害のある子どもが、もてる力を最大限に発揮したり、学習上または生活上の困難を改善・克服したりするために活用される支援機器等教材。学校や子どもの実態に合わせてICT機器・教材をどう選び、どう支援・指導につなげるかを考える。

【概論】
子どもに適切な支援機器等教材を選定・提供するには
〜ICTの環境づくりを中心に〜

新谷洋介

【実践1】
参加しやすいICT機器研修で学校全体の活用と子どもの笑顔を増やす
〜知肢併置大規模校における取り組み〜

髙田隆二

【実践2】
アセスメントと指導課題を含めた読み書き学習支援ソフトの開発と指導の実際
〜タブレット端末を活用した読み書き指導〜

長町友紀

【実践3】
支援機器等を活用した「わかってできる」状況づくり
〜本人・保護者の願いから合理的配慮を踏まえて〜

三宅泰治
 
12月号 ●PDCAで発達支援をつなぐ個別の指導計画(11月16日発売予定)
自閉くんのマニュアルがありません!
自閉症&知的障害の息子こうちゃんと家族らの日常を4コマ漫画とひと言解説で描く。
無理なくできる!発達障害の子が伸びるいちにちいっぽの育て方
人に興味がない、こだわりが強いといった幼児期からスモールステップの家庭療育を始め、今では特別な支援から卒業し、いきいきと小学校生活を送っている。
障害がある子どもの文・文章の理解の基礎学習
知的障害などの子どもの学習指導書シリーズ第5弾。絵カードを見て「なにを どうする」という助詞1つの文を読んで理解できるようにすることから助詞の数を増やして文をつくる。