特別支援教育の情報誌
 
 
 
 
 
月刊 実践障害児教育 7月号
2017年6月16日発売
本体 680 円(+税)
 
 
2017年7月号
特集:
不器用・運動が苦手の理由を見逃さず支援する!
発達性協調運動障害とは何か?
不器用・運動が苦手な子の中には、それらが発達性協調運動障害(DCD)によるものという子もいる。みんなと同じ方法で、単に反復練習をさせるだけではうまくいかない。基礎知識をもち、個々の子どもの実態を把握し、二次障害を招かぬよう配慮してほしい。

【概論】
発達性協調運動障害(DCD)の捉え方

[ 七木田 敦 ]

【1】
教室でできるスクリーニングとそれに合わせた支援方法

[ 増田貴人 ]

【2】
医学的診断と診断に依存しない支援の大切さ

[ 宮地泰士 ]

【3】
運動を「やってみたい」と思わせるように課題を個別化

[ 澤江幸則 ]
 
8月号 ●今知りたい 学習指導要領改訂のポイント(7月16日発売予定)
こんなときどうする? ストーリーでわかる特別支援教育の実践
知的特別支援学校を舞台に繰り広げられるストーリー仕立ての解説から、事例から学ぶ特別支援教育の実践がわかる。
障害がある子どもの文字を読む基礎学習 導入から単語構成の指導
知的障害などの子どもが文字(1文字ずつ・単語のかたまり)を理解できるようになるための学習をスモールステップで紹介します。
よくわかる!自閉症スペクトラムのための環境づくり 事例から学ぶ「構造化」ガイドブック
「指示があいまいだとわからない」「次の予定がわからないと不安」といった自閉症スペクトラムの特性に配慮して、自分で動ける環境をつくる「構造化」のガイドブック。