特別支援教育の情報誌
 
 
 
 
 
 
2018年7月号
困難の中で折れない心を育てる
いまこそ必要とされる
教師のレジリエンス
教師の多忙感や働き方改革が話題となる一方で、学級崩壊、人間関係などの精神的負担をいかに乗り越えるかが課題となっている。そこで注目されるのが、心の回復力としてのレジリエンス。教師自身と子どもたちのために、その力を高めるヒントを紹介する。
本体 680 円(+税)
 
【概論】
 
● 今こそ教師のレジリエンスを考える時代
〜困難から立ち直る力を身につける〜 川上康則
【1】
 
● 子どもたちとの「つながり」と教師同士の「つながり」が
荒れた学級環境を変える 赤坂真二
【2】
 
● すべては捉え方しだい!
子ども視点の教育設計で自分を見つめ直す 金 大竜
【3】
 
● 学校の人間関係・子育ての中で経験してわかった
打たれても折れないコツ 堀川真理
連載【暮らす力を育む! お金で学ぶさんすう】
家計管理のスモールステップでお金と心を整える 住山志津枝
 
連載【教材が導く気づきの世界〜「わかる」「できる」を支える教材・教具づくり〜】
教材を発達支援のツールにするために 伊藤 仁
 
連載【知的障害教育ならではのアクティブ・ラーニング】
対話をとおして課題を解決する国語科の取り組み
〜学ぶ楽しさから学び続ける意欲を育てるために〜 神山 努/伊藤佳子
 
連載【インクルーシブ教育時代の子ども理解 教師としてどう生きるか】
「すべての人が“らしく生きる”ために学校がある」の巻 川上康則
 
連載【イラストでよくわかる! すぐできる! 子どもが困らない指導の工夫】
不適切な激情・衝動への対応 佐藤 曉
 
連載【魔法のプロジェクト 障害のある子どものためのICT活用事例研究】
デジタル教科書を活用した予習により家庭生活スキルを獲得した取り組み 齋藤大地/佐藤里美
 
連載【読者の実践ダイジェスト】
思春期の子どもの気持ちに配慮した通級による指導のポイント 笹森洋樹/宗田はるこ
 
連載【英語のつまずきポイントと子どもにつまずかせないユニバーサル指導】
中学校におけるどの子にもわかりやすい読み書き指導 園元恭子/村上加代子
 
連載【ADHDうっかり元教師のいつもココロは雨のち晴れ】
一人も見捨てない社会をつくるために 雨野千晴
 
連載【リレー連載 実践のわ!】
認知的アプローチで子どもを支える
〜認知作業トレーニングで体から改善〜 井阪幸恵
 
[BOOK & GOODSプレゼント]
[マンガ]かなしろにゃんこ。
[お知らせ板]
[特総研は今]神山 努