特別支援教育の情報誌
 
 
 
 
 
 
2019年3月号
子ども自身が「学び方」を選択する!
学びのユニバーサルデザインの
視点を生かした授業づくり
わかりやすい授業を心がけていても、クラス全員に100%理解させるのは難しい。
一人ひとりのニーズに応えるために授業を見直し、子どもが自分にあった学び方を選択できるようにすることで、子どもたちの学習への意欲を高めた授業を紹介する。
本体 680 円(+税)
 
【概論】
 
● 意欲をもち、方略的に学べる学習者を育てる学びのユニバーサルデザイン 金子晴恵
【実践1】
 
● 多様な子どもたちのつまずきを予想して授業の展開を整理する 浦野裕司
【実践2】
 
● 子どもが学習のゴールを理解し教材を選択することで学習意欲が向上する 有澤直人
【実践3】
 
● UDL実践のゴールと評価を示すツールで振り返る授業と生徒の変容 松戸結佳
連載【科学の楽しさを教える! かがくのじかん】
作ってあそぼう 柏木美咲
 
連載【笑顔が生まれるアートタイムを学校に!】
季節を体で感じるアートワークショップ(春・夏編) 金子光史
 
連載【学習困難な子に効く ワーキングメモリ活用術】
漢字の書き学習 河村 暁
 
連載【インクルーシブ教育時代の子ども理解 教師としてどう生きるか】
「『その子らしくある』の本質に迫る指導観とは」の巻 川上康則
 
連載【イラストでよくわかる! すぐできる! 子どもが困らない指導の工夫】
支援ツール②(クラスの中での支援) 佐藤 曉
 
連載【授業が楽しく楽になる 楽々教材・教具倶楽部】
音を楽しむのが音楽だ! 杉浦 徹
 
連載【知的障害教育ならではのアクティブ・ラーニング】
日々の記録と事後研究会による国語・算数の授業改善 神山 努/山科平恵
 
連載【ADHDうっかり元教師のいつもココロは雨のち晴れ】
障害理解は義務じゃない! わくわくから広がる世界へ 雨野千晴
 
連載【リレー連載 実践のわ!】
放課後等デイサービスの創作活動による自己表出の変化 上江昇一
 
[お知らせ板]
[マンガ]かなしろにゃんこ。
第49回「博報賞」受賞 特別支援教育部門
[BOOK & GOODSプレゼント]
[特総研は今]宇野宏之祐