日本万歩クラブの紹介ムービーをみる

日本万歩クラブの紹介ムービーをみる

お知らせお詫びと訂正

開催間近のイベント

申込み不要のイベントでは、日本万歩クラブのリーダーが、集合場所でお待ちしています。

4月 2 全日
 文学散歩の8回目は、かつて馬込文士村があった大森山王から馬込近辺を歩きます。併せて日蓮聖人入滅の地であり、桜の名所の池上本門寺を訪れます。 今では閑静な住宅地となっている山王・馬込の地は、明治末までは殆ど田や畑でありました。大正期になると文士たちに先立って多くの画家や芸術家が居住するようになりました。大正末から昭和初期になると本郷や田端に集まっていた多くの文士たちが馬込に移り住むようになり、いつしか「馬込文士村」と呼ばれるようになりました。  文士村には、尾崎士郎、徳富蘇峰、北原白秋、室生犀星、三島由紀夫、萩原朔太郎、川端康成、石坂洋次郎、山本有三、宇野千代、片山広子、村岡花子などなど、日本を代表する数多の文士たちが住んでいました。 現在残っている住居は、徳富蘇峰の山王草堂記念館、尾崎士郎記念館、川端龍子記念館、三島由紀夫旧宅など数少ないですが、かつて文士たちが住んでいた場所には解説板が建てられていて、往時を偲ぶことができます。  なお、受付場所の天祖神社のトイレは小さいので、大森駅で済ませてきて下さい。 と き 4月2日(日) 雨天中止 集 合 JR京浜東北線大森駅中央口改札口 午前9時30分 乗 物 JR大森駅は、JR京浜東北線東京駅から20分、品川駅から6分、横浜駅から22分 コース JR京浜東北線大森駅→天祖神社(受付)→文士村レリーフ→和辻哲郎旧居跡→大     森貝塚碑→尾崎士郎記念館→山王草堂記念館(徳富蘇峰旧宅)→北原白秋旧居跡→     たぬきやま公園→山本周五郎旧居跡→三好達治旧居跡→広津和郎旧居跡→室生犀星     旧居跡→南馬込五丁目公園(昼食)→尾崎士郎旧居跡・宇野千代旧居跡→三島由紀     夫旧宅→萩原朔太郎旧居跡→川端康成旧居跡・石坂洋次郎旧居跡→倉田百三旧居跡     →山本有三旧居跡・片山広子旧居跡→川端龍子記念館→桜並木公園→池上本門寺    (解散)    ※解散後は都営浅草線西馬込駅(徒歩12分)、東急池上線池上駅(徒歩10分)が     利用できます。西馬込駅まではスタッフがご案内いたします。      14時30分頃解散の予定 歩 程 約9キロ 実働3時間 装 備 はき慣れた靴 雨具 帽子 弁当 水筒 資 格 健康で、このコースをコースタイムで完歩できる人 リーダー 田中 満月義
4月 8 全日
   古河市は室町時代(1455年)に足利成氏が幕府と対抗してこの地に移り、古河公方と称して以来、およそ130年にわたって東国の政治・文化の中心として繁栄してきた古い城下町です。また、江戸時代には日光街道の宿場町としても発展し、土井・堀田などの老中格が交代で統治する幕府要衝の地でもありました。  古河駅からJR線路沿いに南に延びる、四季の径南通りを歩き、古河公方公園へと向かいます。公園内には、約2000本の花桃の木が植えられ、この季節には一斉に咲き誇り、まさに桃源郷を思わせます。公方館跡や古民家などの貴重な史跡が保存されている広大な公園内で昼食をとり、ゆったり散策を楽しみます。  午後は歴史と伝統の息づく古河市街を歩き、鷹見泉石記念館、篆刻美術館、永井路子旧宅、旧武家屋敷などの文化施設を見学しながら、万葉碑のある古河駅へと戻ります。  万歩企画としては5年ぶりになる、「とっておきの街・古河」を歩いてみませんか。 と き 4月8日(土) 雨天中止 集 合 JR宇都宮線古河駅西口改札口 午前10時 乗 物 古河駅は、JR宇都宮線上野駅から62分、JR湘南新宿ライン新宿駅から69分 コース 古河駅→古河公方公園→鷹見泉石記念館→篆刻美術館→旧武家屋敷→古河駅      14時30分頃解散の予定 歩 程 約10キロ 実働3時間 装 備 スニーカー 雨具 帽子 弁当 水筒 資 格 健康で、コースを完歩できる人 参加費 1000円 会員500円 小学生以下無料 リーダー 原 耕治  
4月 9 全日
 徳川家康は江戸に入ると、街道を整えました。初めに五街道(東海道・中山道・甲州街道・奥州街道・日光街道)を整備し、道中奉行が管理をし、主に大名や武士が江戸を往復するために使われました。五街道以外の道は、脇往還・脇街道に属し、五街道のような正式な名称はありません。  二子・溝口村を通る大山街道も江戸時代に整えられた脇往還の1つで、物の運搬や庶民の通行に使われました。赤坂御門を出発して青山、三軒茶屋、瀬田で多摩川を渡り、二子・溝口を経て厚木、長津田、伊勢原、松田惣領から矢倉沢関所、足柄峠を越えて駿河方面に向かう、古代・中世から存在した古い道です。  江戸時代半ば過ぎから庶民の大山詣でが盛んになり、この道は庶民の間で「大山街道」の名で呼ばれるようになりました。各地方から大山へ向かうための「大山道」がたくさん作られ、これらの道はすべて大山道と呼ばれ、数を増やしていきました。 今年度の〈街道〉は大山道を取り上げ、総距離約70キロを5回に分けて歩きます(1回平均約14キロ)。   第1回目は、赤坂御門から二子玉川駅まで歩きます。 と き 4月9日(日)雨天決行 集 合 東京メトロ有楽町線永田町駅7番出口前 午前9時 乗 物 永田町駅は、東京メトロ有楽町線池袋駅から16分 コース 永田町駅→清水谷公園→高橋是清翁記念公園→表参道→道玄坂→氷川神社→池尻大     橋→三軒茶屋→(世田谷通り)→松陰神社→若林公園(昼食)→世田谷代官屋敷     →大山道追分→延命地蔵→(慈眼寺線)→慈眼寺→兵庫島→二子玉川駅      15時頃解散の予定 歩 程 約14キロ 実働4時間30分 装 備 ウォーキングシューズ 雨具 水筒 弁当 帽子 資 格 健康で、他の参加者と同様の歩調でこのコースを完歩できる人 リーダー 清水 正喜
4月 13 全日
 鐘撞堂山(330m)は、秩父から流れる荒川が関東平野に出合う、城下町寄居のすぐ北にある山です。山名はその昔、頂上にあった出城から敵襲来の際に、鐘をたたいて知らせたことに由来しています。低い山ですが、頂上からの展望は素晴らしいです。寄居駅から出発して、標高差220mを登れば頂上です。下りは麓の円良田湖の湖畔を経由して、途中、山寺の少林寺に寄り、里道を歩いて秩父鉄道波久礼駅で解散です。登り下り合わせて3時間ほどの行程です。  4月中旬は、桜が見頃で楽しみです。特に円良田湖の湖畔は桜の名所です。また、少林寺へ辿る路の傍に祭られている五百羅漢像には、古い歴史を感じます。鐘撞堂山はなだらかな山ですので、ハイキングが初めての人も安心して登れます。奮ってご参加ください。  なお、波久礼駅手前に「かんぽの宿 寄居」がありますので、希望される方はお帰りの前に、日帰り温泉でひと休みすることもできます。 と き 4月13日(木) 雨天中止 集 合 東武東上線・秩父鉄道・JR八高線寄居駅北口 午前10時 乗 物 東武東上線寄居駅は、池袋駅8時15分発の急行・小川町行きに乗車、小川町駅9時26     分着。同駅で9時28分発の寄居行きに乗換え、寄居駅9時43分着 コース 寄居駅(上り30分)→大正池(上り40分)→鐘撞堂山(下り30分)→円良田湖(上     り下り30分)→少林寺(下り40分)→(希望者は「かんぽの宿 寄居」日帰り温泉     800円)→秩父鉄道波久礼駅      15時頃解散の予定 歩 程 約9キロ 実働2時間50分 標高差230m  装 備 登山靴 弁当 水筒 雨具 帽子 手袋 ヘッドランプ ストック(持っている     人) 地 図 奥武蔵・秩父 5万分の1(昭文社) 資 格 健康で、このコースを完歩できる人 申 込 事務局へ。3月7日午前10時より受付開始。4月12日午前11時以降のキャンセルは、     参加費を全額請求させていただきます。申込参加者が14名以下の場合は中止しま     す。 申込締切日 4月6日 リーダー 田部井 保夫
4月 16 全日
 新京成沿線有数の大規模団地・高根台団地を抜け出ると、民家もしだいにまばらになります。森や林、畑を眺めながら、木戸川遊歩道を歩きます。  金堀バス停辺りから一般道に戻り、しばらく行くとふなばしアンデルセン公園です。ここは脇を通過するだけですが、風車や童話風の建物等が見られます。それから間もなく、昼食休憩を予定している船橋県民の森に着きます。ここは千葉県内に6ヶ所ある県民の森の中でも、市街地にある森として親しまれています。15ヘクタールの森の中には、様々な樹木、野鳥、昆虫等が生息しています。  ここを出ると程なくして二重川遊歩道に至ります。ここでも、遠景に森や林などの自然が楽しめます。   最後は鎌ヶ谷大仏です。この大仏は、安永5(1776)年に大国屋文右衛門が、先祖供養のために、江戸神田の鋳物師に造らせたものだとのことです。  春の風情を味わいながら、散策を楽しみましょう。 と き 4月16日(日) 雨天中止 集 合 新京成線高根公団駅改札口 午前9時30分 乗 物 高根公団駅は、JR日暮里駅からJR常磐線で松戸駅まで18分、新京成線に乗り換     えて30分     または日暮里駅から京成本線特急・成田空港行きに乗車、29分で京成津田沼駅着。     同駅で新京成線松戸行きに乗り換えて13分  コース 新京成線高根公団駅→高根木戸第3号公園→嗚呼海軍七勇士殉難の碑→ふなばしアン     デルセン公園→船橋県民の森→西福寺→富ヶ沢橋→高野橋→井草橋公園→鎌ヶ谷大     仏→鎌ヶ谷大仏駅      14時30分頃解散の予定 歩 程 約12キロ 実働約3時間  装 備 スニーカー 弁当 水筒 雨具 帽子  資 格 健康で、他の参加者と同様の歩調で、このコースを完歩できる人 リーダー 山田 光夫  
4月 22 全日
   伊能忠敬は延享2(1745)年、上総国山辺郡小関村(現・千葉県九十九里町)で名主の末っ子として生まれました。そして、17才の時に親戚の勧めで下総国香取郡佐原村(現・香取市佐原)の酒造家、伊能家に当主として婿養子に入ります。  伊能家の再興を果たした忠敬は寛政6(1794)年、家督を長男景政に譲り、江戸での勉学を目指し隠居生活にはいりました。この間、暦学と測量学に興味を持ち、翌年、江戸深川黒江町(現・門前仲町)に居を構えました。そして同年、忠敬の必死の懇願の結果、天文方・高橋至時に弟子入りが叶いました。師匠31才、弟子50才です。  学問を収めた忠敬は、寛政12(1800)年、富岡八幡宮に参拝後、蝦夷地に向け測量の旅に出ました。当時の彼を取り巻く人物としては、弟子の間宮林蔵、絵師・葛飾北斎、老中首座・松平定信等の人々が、江戸文化を担っていました。  江戸における伊能忠敬の足跡を辿ってみましょう。 と き 4月22日(土) 雨天中止 集 合 東京メトロ東西線門前仲町駅富岡八幡宮方面改札口 午前9時30分     ※なお、都営大江戸線門前仲町駅も利用可能ですが、案内は行いません。 乗 物 東京メトロ東西線門前仲町駅は、大手町駅より6分、高田馬場駅から19分    コース 門前仲町駅→富岡八幡宮→伊能忠敬住居跡→霊厳寺→すみだ北斎美術館→天文台跡     →誓教寺→源空寺→JR上野駅       14時頃解散の予定      歩 程 約8キロ 実働2時間30分 装 備 スニーカー 弁当 水筒 雨具 帽子 資 格 健康で、他の参加者と同様の歩調で、このコースを完歩できる人 リーダー 清水 達王
4月 23 全日
 青梅市の北側を東西に横たわる標高200m程の丘陵地を歩きます。尾根上に整備され、道幅も広くゆったりと森林浴を楽しめるハイキングコースです。 途中には4ヶ所の展望台があり、第1・2・3展望台へは急登の山道となっていますが、道幅の広いコースのみでも充分ハイキング気分を味わっていただけます。  遅咲きの山桜を愛で、新緑の木々の息吹きを感じながら、春の野辺を歩きましょう。 *受付場所にトイレはありません。駅でお済ませ下さい と き 4月23日(日) 雨天中止 集 合 JR青梅線青梅駅改札口 午前10時  乗 物 青梅駅は、JR中央線新宿駅から中央特快で立川駅まで26分。立川駅からJR青梅     線で31分 コース 青梅駅→青梅鉄道公園→金刀比羅神社→青梅丘陵ハイキングコース→宮ノ平駅      14時頃解散の予定 歩 程 約6キロ 実働2時間15分 装 備 ローカットの登山靴(底のしっかりしたスニーカー可) 弁当 水筒 雨具 帽子 資 格 健康で、このコースを完歩できる人 リーダー 岡村 満
4月 29 全日
  今年も上野公園をスタート・ゴールに、日本万歩クラブ恒例の春の大会「山の手一周ウォーク」を開催します。コースは35キロ、20キロ、10キロの3コースです。友人知人をお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。  受付は去年と同じく清水観音堂前となります。スタートしてすぐのコースは、昭和通りから言問通りを歩きます。  コースガイドとスタッフの指示に従って、ウォーキングをお楽しみください。参加者にはコースガイドに従って自由に歩いていただきますが、要所要所には係の者が立っていますので、安心してご参加ください。  この大会を通じて多くの方々に日本万歩クラブの存在を知っていただき、歩く楽しさを感じていただこうと思っております。皆さまの周りの方々にもできるだけお声を掛けていただき、より多くの方が参加していただければと思います。  ご協力をよろしくお願いいたします。 と き 4月29日(土・祝) 雨天中止 集 合 JR上野駅公園改札口 午前8時~9時 受 付 上野公園内清水観音堂前     35キロコース:午前8時~8時30分     20、10キロコース:午前8時30分~9時 コース A(フルコース 35キロ 実働7時間)     上野公園→パンダ橋→昭和通り→言問通り→尾久橋通り→道灌山通り→不忍通り→     千石一丁目→千登世橋→明治通り→新宿五東→渋谷橋→目黒駅前→五反田駅→第1     京浜→中央通り→上野公園     B(外堀コース 20キロ 実働5時間)     上野公園→(新宿五東まではAコースに同じ)→靖国通り→外堀通り(飯田橋、     水道橋)→万世橋→上野公園     C(白山コース 10キロ 実働3時間)     上野公園→(千石1丁目まではA、Bコースに同じ)→白山通り→水道橋〈以下     Bコースに同じ〉→上野公園     ※18時にはゴール受付を撤去しますので、それまでに上野公園、広小路側の     交番横のゴール地点に戻ってください 装 備 スニーカー 弁当 水筒 雨具 帽子 資 格 健康で、各コースを完歩できる人 申 込 不要。直接、集合場所へお越しください リーダー 三國 晋誼 後 援 山佐時計計器株式会社 ※コース地図、完歩認定証、参加記念品の他にドリンクサービス、抽選会などもあります ※天候による決行か中止かは、当日6時から事務局の 留守番電話で対応します(03―3493―5601)

お知らせ