仲間と一緒に楽しく歩いて、体も心も健康に。

開催間近のイベント

申込み不要のイベントでは、日本万歩クラブのリーダーが、集合場所でお待ちしています。

10月 2 全日
 現在の港区は戦前、海際の芝、谷の麻布、高台の赤 坂の三区に分かれていました。また江戸時代初期には、 防衛上の街づくりからこの地域に武家屋敷が集められ、 その跡地が現在多くの大使館になっています。  今回は海際の浜松町から高台の表参道まで歩きます。 新宿御苑を水源に持つ「古川」を遡り、二の橋を過ぎて 仙台坂を上ると、緑もぐっと多くなってきます。 有栖川公園を過ぎ、西麻布を越えると終点の表参道は 間近です。元気に歩きましょう。 ※昔「古川」の改修工事を行ったとき、河口から上流へ 一番、二番……と順に工事区に番号を付けました。一の 橋の辺りは一〇番工区であったため、今もこの辺を「麻 布十番」と呼ぶという説があります。 と き 10月2日(日)  雨天中止 集 合 JR京浜東北線・山手線浜松町駅北口     午前10時 乗 物 JR浜松町駅は東京駅から約6分、新宿駅から     山手線で約24分です。 コース JR浜松町駅→旧芝離宮恩賜庭園児童公園     →金杉橋→赤羽橋→一の橋→二の橋→仙台坂     →有栖川宮記念公園→西麻布→東京メトロ銀座     線・千代田線・半蔵門線表参道駅     14時頃解散の予定 歩 程 約10キロ 実働3時間 装 備 スニーカー 弁当 水筒(水は多めに) 雨具 帽子 資 格 健康で、このコースを完歩できる人 参加費 1000円 会員500円 小学生以下無料 リーダー 清水 正喜
10月 8 全日
 相模湾からの潮風を受けながら歩きます。  南フランスの田舎プロバンス地方を思わせるお花畑 と、農園をモチーフにした風景が広がる「ソレイユの丘」 を散策します。相模湾を眺めながら、農道や砂浜を歩 きましょう。  秋の爽やかな1日を三浦半島巡りで楽しみましょう。 と き 10月8日(土)  雨天中止 集 合 京急本線三浦海岸駅改札口 午前10時 乗 物 京急本線三浦海岸駅は、京急本線品川駅より     1時間3分、京急本線横浜駅より46分 コース 京急本線三浦海岸駅→乗馬クラブ クリエ三浦     →長井轡堰→長井海の手公園 ソレイユの丘     →和田長浜海岸→京急久里浜線三崎口駅     14時30分頃解散の予定 歩 程 約11キロ 実働3時間  装 備 スニーカー 弁当 水筒 雨具 帽子 資 格 健康で、他の参加者と同様の歩調で完歩でき     る人 参加費 1000円 会員500円 小学生以下無料 リーダー 岡村 三千男
10月 10 全日
 武蔵丘陵森林公園は明治百年記念事業の一環として、 昭和49年に開園した我国最初の国営公園です。埼玉県 比企郡滑川町と熊谷市にまたがり、東西約1キロ、 南北約4キロで、東京ドームの約65倍の広大な自然 公園です。  園内はアカマツやクヌギ、コナラなどの豊かな雑木 林におおわれて、武蔵野の面影をよく残しています。 人と自然の共生をテーマに育まれた豊かな里山の魅力 を体感しながら歩きましょう。 と き 10月10日(月・祝)  雨天中止 集 合 東武東上線森林公園駅北口改札口 午前10時 乗 物 森林公園駅は、東武東上線池袋駅から急行で     57分 コース 森林公園駅→森林公園緑道→森林公園南口→     記念塔→野草コース→渓流広場→紅黄葉樹見     本園→植物園展示棟→ハーブガーデン→かえで     見本園→山田大沼→運動広場→古鎌倉街道→     山田城跡→森林公園南口→森林公園駅     15時頃解散の予定 歩 程 約13キロ 実働4時間 装 備 スニーカー 弁当 水筒 帽子 雨具 資 格 健康で、このコースを完歩できる人 参加費 1300円 会員800円(入園料を含む)     小人不可 リーダー 岡村 三千男
10月 11 – 10月 15 全日
 四国八十八ヵ所 お遍路の旅・四回目は、「涅槃の 道場」讃岐香川から高野山に詣でます。 「涅槃の道場」讃岐香川は、六六番札所雲辺寺から 八八番札所大窪寺までの二三ヶ寺ですが、前回参拝 した六七番と七〇番を除いた二一ヶ寺を巡ります。  八八番大窪寺で結願の後、一番霊山寺でお礼参りし、 高野山に参拝します。高野山のある和歌山へは、船旅 を楽しみたいと考えています。  なお、新規ご参加の方には、お遍路用品(納経帳、 白衣、金剛杖、他)準備等を、近畿日本ツーリストよ り事前にご案内いたします。 と き 10月11日(火)~15日(土)  雨天決行 集 合 羽田空港出発ロビー 午前8時30分(搭乗     便:JAL477便・9時45分発) コース 1日目 羽田空港→高松空港→琴弾回廊→六     八番:神恵院→六九番:観音寺→六六番:雲     辺寺→七五番:善通寺(泊)     2日目 七一番:弥谷寺→七三番:出釈迦寺     →七二番:曼荼羅寺→七四番:甲山寺→七六     番:金倉寺→四国館(昼食)→七七番:道隆寺     →七八番:郷照寺→七九番:高照院→八〇番     :国分寺→八三番: 一宮寺→琴平・琴参閣(泊)     3日目 ※ 金刀比羅宮自由散策 八一番:白     峯寺→八二番: 根香寺→八四番:屋島寺・わ     ら屋(昼食)→八五番: 八栗寺→八六番: 志     度寺→八七番:長尾寺→八八番:大窪寺→塩     江温泉・新樺川観光ホテル(泊)     4日目 一番:霊山寺→徳島港→(船内でお     弁当)→和歌山港→高野山奥の院→高野山・     天徳院(泊)     5日目 金剛峰寺・伽藍巡り(昼食)→高野山     →関西国際空港→羽田空港(搭乗便:JAL     224便。14時50分発)     16時30分頃解散の予定 歩 程 1日目 約4キロ 実働50分     2日目 約2キロ 実働30分     3日目 約5キロ 実働1時間     4日目 約5キロ 実働1時間 装 備 ウォーキングシューズ 雨具 リュックサッ     ク(サブザック程度で可:歩行時使用)     水筒 着替え 宿 泊 1日目 善通寺 0877-62-0111     2日目 琴参閣 0877-75-1000     3日目 新樺川観光ホテル 087-893-1200     4日目 天徳院 0736-56-2714 資 格 健康で、このコースを完歩できる人 参加費 17万5000円     (往復航空運賃、現地での移動バス・タクシ     ー代、入場料・先達兼ガイド代、4泊13食     代、保険料を含む) 申 込 事務局へ、先着20名。9月8日午前10時     より受付開始。9月26日からの取り消しは     旅行は代金の20%、10月4日からの取り消し     は30%、10月7日からの取り消しは40%、     10月11日旅行開始予定時刻までの取り消し     は50%、旅行開始予定時刻以降は全額請求     させていただきます。11名以下の場合は中     止します。 申込締切日 9月26日 払 込 お支払方法は近畿日本ツーリストよりご案内     いたします。 主 催 近畿日本ツーリスト株式会社横浜支店/担当     =青木佑香里 045-277-0771 リーダー 田中 哲治 090-4387-2353     (この携帯は当日のみの緊急連絡先です)
10月 16 全日
 新名所・東京スカイツリーを見ながら、爽やかな秋風の中、隅田川の畔を歩きましょう。隅田川の畔、墨田区役所がスタート、ゴール地点です。まず墨田区役所の前から下流に向かって歩きます。勝鬨橋で折り返すロングコース(約18キロ)と、途中の清洲橋で折り返すショートコース(約10キロ)の2つのコースを設定しています。体力、脚力に合わせてお選びください。  おもに隅田川テラスという大変美しく整備された遊歩道を歩きますが、一部、隅田川テラスを離れて、一般道を歩かなければならないところがあります。当日配布される地図資料をご覧いただき、安全に気を付けてお歩きください。テラス内には、地図など案内のパネルが多く設置されていますので、歩く際のご参考になると思います。また、要所要所にはスタッフが案内に立ちます。  ロングコースの勝鬨橋近くまで行くと、東京スカイツリーと東京タワーの両方が見えるポイントもあります。暑さも和らいだこの季節、隅田川を楽しみながら歩きましょう。 とき:10月16日(日) 雨天中止 集合:墨田区役所前(うるおい広場) 午前9時 乗物:集合場所へは東京メトロ銀座線浅草駅、東京都営地下鉄浅草線浅草駅、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)浅草駅が便利です。浅草駅からは吾妻橋を渡り、すぐ左折。2つ目の金色のビルの先が集合場所です。また、東武線東京スカイツリー駅、都営浅草線本所吾妻橋駅も利用できます。 コース: 《ロングコース》墨田区役所前〈スタート〉から下流へ→(吾妻橋)(駒形橋)(厩橋)(蔵前橋)(JR総武線)(両国橋)(新大橋)→萬年橋を渡る→(清洲橋)(隅田川大橋)(永代橋)→巽橋→越中島連絡橋→越中島公園→相生橋→大川端リバーシティ21→(中央大橋)(佃大橋)→西仲橋→勝鬨橋を渡り上流へ→チェックポイント→南高橋→(中央大橋)(永代橋)→豊海橋→(隅田川大橋)(清洲橋)(新大橋)→柳橋→(JR総武線)(蔵前橋)(厩橋)(駒形橋)(吾妻橋)(言問橋)→桜橋を渡り下流へ→(言問橋)→墨田区役所前〈ゴール〉 《ショートコース》墨田区役所前〈スタート〉から下流へ→(吾妻橋)(駒形橋)(厩橋)(蔵前橋)(JR総武線)(両国橋)(新大橋)→萬年橋を渡る→清洲橋を渡り上流へ→(新大橋)→チェックポイント→柳橋→(JR総武線)(蔵前橋)(厩橋)(駒形橋)(吾妻橋)(言問橋)→桜橋を渡り下流へ→墨田区役所前〈ゴール〉 歩程:ロングコース 約18キロ     ショートコース 約10キロ  装備:スニーカー 弁当 水筒 雨具 帽子 資格:健康で、このコースを完歩できる人 参加費:1,000円 会員800円 小学生以下無料 スタート時にコース案内地図、ゴール時に完歩認定証、参加記念品などを進呈します 申込:不要。直接、集合場所へお越しください リーダー:三國 晋誼 後援:墨田区教育委員会  ※天候による決行か中止かは、当日7時から事務局の留守番電話で対応します(03-3493-5601)
10月 23 – 10月 24 全日
 初日は小沢岳に登ります。小沢岳(1089m)は西上州の下仁田の南、青倉集落の奥にあり、頂上部が槍の穂先のように鋭く尖った山容から、西上州の槍ヶ岳ともマッターホルンともいわれます。小沢岳は変化に富んだ岩場の山で、数多のバリエーションルートがありますが、今回は最も安全な一般ルートをピストンで登ります。山頂からは御座山、鹿岳、妙義山、浅間山などの展望が期待できます。  2日目は浅間隠山に登ります。浅間隠山(1757m)は日本200名山の一座であり、高崎市から浅間山方面を望むと、浅間山の右手にひときわ目立つ三角形の山です。浅間隠山という山名は、上州側から眺めると浅間山を隠すことからついたといわれます。独立峰のために360度の大展望であり、浅間山、四阿山、北アルプス、八ヶ岳、富士山などが眺められます。浅間隠山は交通不便なために、車を利用してのピストン登山が一般的ですが、今回は二度上峠下登山口から浅間隠温泉郷までの縦走コースを歩きます。この頃は紅葉の時期でしょう。宿は山間の浅間隠温泉郷・鳩ノ巣温泉の三鳩楼です。 とき:10月23日(日)~24日(月)  雨天決行 集合:JR新宿駅西口・工学院大前 午前7時出発 乗物:往復中型観光バス(荷物の積み置き可) コース: 1日目 新宿駅→(上信越自動車道・下仁田IC経由)→道の駅「しもにた」→坊主渕バス停(上り40分)→七久保橋(小沢岳登山口)(上り30分)→八倉峠分岐(上り10分)→椚峠(上り50分)→前衛峰(上り10分)→小沢岳山頂(下り10分)→前衛峰(下り40分)→椚峠(下り10分)→八倉峠分岐(下り30分)→七久保橋(小沢岳登山口) (下り30分)→坊主渕バス停→道の駅「しもにた」→浅間隠温泉郷鳩ノ湯温泉・三鳩楼(泊)     2日目 鳩ノ湯温泉・三鳩楼→二度上峠下登山口(上り20分)→尾根(上り60分)→わらび平分岐(上り20分)→浅間隠山山頂(下り20分)→鞍部(下り100分)→シャクナゲ尾根登山口(下り20分)→ゲート(下り20分)→ゲート(下り30分)→鳩ノ湯温泉・三鳩楼(入浴)→(渋川伊香保IC・関越自動車道経由)→新宿駅西口 21時頃解散の予定 歩程:1日目 約11キロ 実働4時間20分 標高差670m    2日目 約10キロ 実働4時間50分 標高差 上り420m        下り102m 装備:登山靴 雨具 ヤッケ 手袋 帽子 スパッツ ヘッドランプ 地図 コンパス 水筒 行動食 非常食 弁当(初日分) ストック(持っている人) 地図:西上州 浅間山 50,000万分の1(昭文社) 宿泊:浅間隠温泉郷鳩ノ湯温泉・三鳩楼 0279-69-2421 資格:健康で、コースタイムでこのコースを完歩できる人 参加費:37,000円(往復バス代、1泊2食、2日目弁当代、保険料含む) 申込:事務局へ、先着25名。9月9日午前10時より受付開始。10月14日からの取り消しは半額、10月21日午後3時以降の取り消しは全額請求させていただきます。申込者が14名以下の場合は中止します。 申込締切日:10月14日 リーダー:田中満月義 090-4387-2353(この携帯は当日のみの緊急連絡先です)
10月 28 全日
 「谷中」という地名は、上野と本郷の2つの台地の谷間に位置するところからついたといわれています。江戸時代初期に、上野に寛永寺が建てられた後、谷中にその子院が次々に建てられ、「寺町」を形成していきました。お寺の増加とともに参詣者も増え、庶民の行楽地として発展しました。  現在、谷中には71の寺院があるそうです。この界隈は、「戊辰戦争」では罹災しましたが、その後の「関東大震災」や「太平洋戦争」での被害が比較的少なく、旧来の街並みや建造物が残っていることから、江戸の風情を残す街として賑わっています。  今回は谷中のシンボルともいえるヒマラヤ杉、観音寺の築地屏等を訪ね、特徴のあるお寺として山岡鉄舟開基の全生庵や8万4000体の地蔵菩薩建立を発願し、現在も増え続けているといわれる浄名院を訪ねます。谷中銀座は約150mの道の両側に70軒余の店舗が犇いております。よみせ通りの谷中銀座入口で解散します。後は自由に買い物など楽しんでください。 とき:10月28日(金) 雨天中止 集合:JR山手線・京浜東北線西日暮里駅改札口 午前9時30分 ※東京メトロ千代田線・舎人ライナーの利用も可能です(JR改札口にお回りください) 乗物:JR西日暮里駅は、JR山手線東京駅から15分、池袋駅から12分 コース:西日暮里駅→西日暮里公園(受付)→ヒマラヤ杉の景色→浄名院→谷中墓地→観音寺の築地屏→岡倉天心記念公園→全生庵→谷中銀座入口(解散)→日暮里駅 12時頃解散の予定 歩程:約8キロ 実働2時間30分 装備:スニーカー 水筒 雨具 帽子 弁当は自由 資格:健康で、このコースを完歩できる人 参加費:1,000円 会員500円 小学生以下無料 リーダー:宮本 侃司
10月 29 全日
 これから当会で山に登りたい方、および当会の中級の資格認定を受けたい方を対象とする「登山机上研修」です。毎年、年二回実施しています。当研修会は、午前中の一般向け講習と終日の中級認定講習の二部構成になっています。  入会後、登山例会に参加希望の会員さんは、必ず一度はこの一般向け講習を受講してください。一般向け講習は、山歩きの基本的なことを知っていただき、安全で、かつ楽しい山歩きを始めていただくための講習会です。一般向け講習は午前中で終了いたします。  また、中級認定を目指す会員さんは、午前中は一般向け講習を一緒に受講していただき、午後からは中級認定の講習を受講してください。終日の講習となります。中級認定の手順は、まず当机上研修を受講していただき、その上で、実地研修による中級の資格認定となります。実地研修は、年間で企画されている中級クラスの登山例会のどれか1つに参加してください。  この「登山机上研修」を機会に、ぜひ日本万歩クラブの登山例会に参加して山を楽しんでいただきたく、奮ってのご参加をお願いいたします。 日時:10月29日(土)  (1)9時30分~11時50分 一般向け、中級認定  (2)13時~16時 中級認定 場所:五反田文化センター(予定) プログラム:  (1)一般向け、中級認定(午前)  1.日本万歩クラブの山例会への参加方法とお願い・注意事項  2.山歩きの基本、山歩きに必要なもの   ①装備品と選ぶポイント ②服装 ③水と食事    ④山のマナー  3.質問コーナー  (2)中級認定(午後)  4.中級の山の歩き方  5.健康管理と体力トレーニング  6.地図とコンパス  7.気象  8.軽アイゼンとスパッツの使い方 持参物:筆記用具 例会参加券(1つ捺印します) 中級認定の方は登山靴、アイゼン(もしくはチェーンスパイク)、スパッツ、コンパス、弁当もご持参ください。 参加費:一般向け500円、中級認定1000円 申込:事務局へ。9月12日午前10時より受付開始 申込締切日:10月24日 講師:日本万歩クラブ・リーダー *申し込みいただいた方には、後日、場所などにつきまして、改めてご連絡いたします。

お知らせ