イベント情報

イベント一覧へ戻る

武蔵国府跡

雨天の場合 雨天中止
集合 京王線・府中駅南口改札 午前9時30分
参加費 1300円 会員800円
空き状況
申込み
定員

あなたのウォーキングをぜひ記録に残しましょう。
下記リンクからダウンロードし、プリンターで印刷してご使用ください。
ウォーキング実践記録用紙ダウンロード

武蔵国府跡
いつ:
2018年9月22日 全日
2018-09-22T00:00:00+09:00
2018-09-23T00:00:00+09:00

古代、武蔵国は、今の東京都、埼玉県、神奈川県北東部等を含んだ大国で、武蔵国府は古代から中世を通じての政治的拠点でした。
 「府中」という市名は、「国府の中」という意味で、国府の所在地であったことに由来します。大國魂神社のすぐそばに、その武蔵国府跡があります。甲州・川越・相州街道が交差する所に、江戸幕府からの通達を掲示していた高札場が残っています。
 都選定歴史的建造物になっている足利尊氏ゆかりの高安寺や、分倍河原の合戦で活躍した新田義貞の像を見て、鎌倉街道を歩きます。府中市郷土の森博物館では、展示室で国府と府中の移り変わりを見ることができます。こちらの庭では見事な花々と復元された建物も見られます。
 その後、府中崖線を通って、東京競馬場の中にある競馬博物館で、馬と馬事文化を知ることができます。

【と き】 9月22日(土) 雨天中止
【集 合】 京王線・府中駅南口改札 午前9時30分
【乗 物】 京王線・新宿駅から準特急で25分、特急で20分
【コース】 府中駅南口→大國魂神社→武蔵国府跡→高札場→高安寺→新田義貞公之像→鎌倉街道→下河原緑道→府中市郷土の森博物館→府中崖線→競馬博物館→東府中駅〈15時20分頃解散の予定〉
【歩 程】 約9.4キロ 実働2時間45分
【装 備】 スニーカー 昼食 水筒 帽子 雨具
【資 格】 健康で、このコースを完歩できる人
【参加費】 1300円 会員800円 ※ 府中市郷土の森博物館入場料300円を含む
【リーダー】 香川 久美子