イベント情報

要申込み…事前にお電話にてお申込み下さい。(会員のみの参加になります)
申込み不要…申込み不要。直接集合場所にお越し下さい。

ランクのめやす
初級…ほぼ平坦な3時間程度の歩きで、初めての方でも安心して参加できます。
一般…初級より歩く時間が長く、坂道もあります。やさしい山もあり、4時間程度の歩きです。自然に親しみたい方は誰でも参加できます。
一の上…山歩きが主でアップダウンも多く、軽登山靴を着用します。(一般の上)
中級…中級以上の認定資格があり5時間程度の歩きに急な上り下り、岩場、ガレ場などもあり経験者向きです。
上級…上級の資格があり、中級以上の例会に何回か参加している人。健脚向きで十分な体力と経験が必要です。

  • イベント情報の見方
  • 表示切り替え…「イベント情報」のプルダウン(▼マーク)をクリックすると、イベントの表示形式を変更できます。
  • 「カテゴリ」のプルダウン…申込み不要イベントか、要申込みイベントかで絞り込むことができます。プルダウン(▼マーク)をクリックしてどちらかを選択してください。
  • 「タグ」のプルダウン…ランクで絞り込むことができます。複数のランクで絞り込むことも可能です。プルダウン(▼マーク)をクリックしてご希望のランクを選択してください。
  • 「カテゴリ」「タグ」の絞込みを解除したい時は、「×」をクリックしてください。すべてのイベント表示に戻ります。
12:00 AM
 これから当会で山登りを始めたい方、および当会の中級クラスの登山例会に参加を希望する方を対象として「登山机上研修」を行います。当研修会は午前中の一般向け講習と、終日の中級資格認定の講習の2部構成になっています。  入会後、登山例会に参加希望の会員さんは、必ず一度はこの一般向け講習を受講してください。一般向け講習は、山歩きの基本的なことを知っていただき、安全で、かつ楽しい山歩きを始めていただくための講習会です。一般向け講習は午前中で終了いたします。  また、中級の資格認定を目指す会員さんは、午前中は、おさらいとして一般向け講習を一緒に受講していただき、午後からは中級の資格認定の内容の講習を受講していただきます。中級の資格認定の手順は、まず当机上研修を受講していただき、その上で後日、実地研修として中級クラスの登山例会に参加してください。そこで中級と認定されれば、中級の資格が授与されます。実地研修は、年間で企画されている中級クラスの登山例会のどれか一つに参加してください。  この「登山机上研修」を機会に、ぜひ日本万歩クラブの登山例会に参加して山を楽しんでいただきたく、奮ってのご参加をお待ちしております。 日 時 2月24日(土)  ⑴9時30分~11時50分 一般向け、中級認定  ⑵13時~16時 中級認定 場 所 五反田文化センター(予定) プログラム  ⑴一般向け、中級認定(午前)  1.日本万歩クラブの山例会への参加方法とお願い・注意事項  2.山歩きの基本、山歩きに必要なもの   ①装備品と選ぶポイント ②服装 ③水と食事   ④山のマナー  3.質問コーナー  ⑵中級認定(午後)  4.中級の山の歩き方  5.健康管理と体力トレーニング  6.地図とコンパス  7.気象  8.軽アイゼンとスパッツの使い方 持参物 筆記用具 例会参加券(一つ捺印します) 中級認定の方は登山靴、軽アイゼン     (もしくはチェーンスパイク)、スパッツ、コンパス、弁当もご持参ください。 参加費 一般向け500円、中級認定1000円 申 込 事務局へ。1月10日午前10時より受付開始。 申込締切日 2月19日 講 師 日本万歩クラブ リーダー *申し込みいただいた方には、後日、場所などにつきまして、改めてご案内いたします。
12:00 AM
   御殿山は、千葉の秀峰、富山と伊予ヶ岳の2座が一望できる最高のロケーションです。  御殿山登山口の高照禅寺駐車場から頂上を目指し、御殿山(364m)、鷹取山(365m)、大日山(333m)を経て、大日山登山口に下りるミニ縦走です。  御殿山頂上手前は、ロープが張られた急登で滑りやすく、御殿山の山頂からは下り急階段が続き、鷹取山頂上手前では上りの急階段といったように、階段の急上り急下りが続きます。また、登山者が少なく、登山道は荒れていて、大きな枝が登山道に散乱し足を引っ掛けやすい箇所が多々ありますので、注意して登ります。  下山後は、ばんやにて、海産物による反省会の後、帰路に着きます。 と き 2月25日(日) 雨天決行 集 合 JR上野駅公園口改札 午前7時 乗 物 往復中型観光バス 荷物積み置き可 コース 上野駅→(海ほたる)→高照禅寺駐車場(上り40分)→大黒様(上り40分)→御殿     山(下り上り30分)→鷹取山(下り上り50分)→大日山(下り60分)→大日山登     山口→(5分)→大日山遊歩道駐車場→ばんや→(海ほたる)→上野駅      18時頃解散の予定 歩 程 約10キロ 実働4時間 標高差260m 装 備 登山靴 万歩クラブのネームバッヂ 弁当 水筒(水:1~2リットル) 雨具(セ     パレートタイプ) ヘッドランプ 帽子 手袋(防寒も兼ねて) ストック(持っ     ている人) 地 図 国土地理院地形図「金束」 25000の1(国土地理院) 資 格 健康で、このコースを完歩できる人 参加費 10000円(会員のみ) 申 込 事務局へ。先着24名。1月11日午前10時より受付開始。2月16日からの取り消し料     は半額、2月23日午後3時以降の取り消し料は全額請求させていただきます。申込     者が14名以下の場合は中止します。 申込締切日 2月16日 リーダー 田中 哲治 090-4387-2353(この携帯は当日のみの緊急連絡先です。)
12:00 AM
 戸塚宿は江戸より数えて5番目の宿場で、慶長9(1604)年に成立しました。江戸から10里半(約40キロ)の距離にあり、日本橋を七つ立ちした旅人の最初の逗留宿、また大山道、鎌倉街道、厚木街道が交錯する交通の要衝で、鎌倉遊山、大山参詣の人々でにぎわいました。両宿の間に権太坂があります。通りかかった旅人が、坂にいた老人に坂の名前をたずねたところ、老人は耳が遠かったため、自分の名前をたずねられたものと勘違いし、「権太」と返事をしたのが名称の由来とか……!?  江戸を出発した旅人が最初にあう難所で、険しい坂道が焼餅坂、品濃坂と続きます。これを越えれば戸塚宿はもうすぐです。 と き 3月3日(土) 雨天中止 集 合 JR湘南新宿ライン&横須賀線・保土ヶ谷駅改札口 午前10時 乗 物 保土ヶ谷駅は、JR東海道線・東京駅より36分。JR湘南新宿ライン・新宿駅より     38分。JR湘南新宿ライン&横須賀線・横浜駅より1駅。 コース 保土ヶ谷駅→上方見附→権太坂→境木地蔵尊→品濃一里塚公園→戸塚宿江戸方見附     跡→戸塚駅      14時頃解散の予定 歩 程 約9・5キロ 実働2時間30分 装 備 履きなれた靴 弁当 水筒 雨具 帽子 防寒具 資 格 健康で、かつ他の参加者と同じ歩調で、このコースを完歩できる人 参加費 1000円 会員500円 リーダー 清水 達王
12:00 AM
   飯盛山(1643m)は野辺山高原に名前の如く山頂がお茶碗にご飯を盛ったように見える山で、この季節にアイゼンを装着して雪の残る山道を登ります。  飯盛山の魅力は何といっても山頂から見える360度の展望にあります、八ヶ岳連峰、南アルプス、浅間山、富士山と素晴らしい眺望が望めます、特に目の前に広がる残雪を戴く八ヶ岳の見事さには圧倒されます。  平沢峠駐車場(1450m)の獅子岩登山口から約200mの高低差(急登り)を一時間程掛けて登ると、平沢山(1653m)山頂に着きます、素晴らしい展望が開けるなだらかな道を眼前の飯盛山へと向かいます。飯盛山からの展望とスノーハイクをお楽しみください。  下山は落葉樹林帯を下り、平沢牧場から平沢公民館に。帰路はアクアリゾート清里・天女の湯に立ち寄ります。 と き 3月4日(日) 雨天決行・荒天中止 集 合 JR新宿駅西口・工学院大学前 午前7時30分出発 乗 物 往復中型観光バス(荷物の積み置き可) コース 新宿(中央自動車道・須玉IC経由)→南牧村農村交流館(ベジタボール・ウィ     ズ)→平沢駐車場→獅子岩登山口(上り60分)→平沢山(下り・上り30分)→飯     盛山(下り40分)→平沢牧場(40分)→平沢公民館(バス)→天女の湯→(須玉     IC・中央自動車道経由)→新宿      19時30分頃解散の予定 歩 程 約4キロ 実働3時間 装 備 6本爪アイゼン 登山靴 弁当 雨具 水筒 帽子 防寒着 手袋 スパッツ      ヘッドランプ ストック(持っている人) 入浴道具 地 図 八ヶ岳 5万分の1(昭文社) 資 格 健康で、このコースを完歩出来る人 参加費 15000円 *天女の湯・入浴料は個人負担になります。(団体670円) 申 込 事務局ヘ。先着24名。2月1日午前10時より受付開始。2月23日からの取り消し     は半額、3月2日午後3時以降の取り消しは全額請求させていただきます。     申込者が14名以下の場合は中止します。 申込締切日 2月23日 リーダー 松本 一夫 090-4387-2353(この携帯は当日のみの緊急連絡先です)
12:00 AM
 代々木公園はかつて陸軍の練兵場、戦後は米軍のワシントンハイツ、そして東京オリンピックの選手村などを経て、公園に生まれ変わりました。  樹木が多く緑と水に囲まれた、都心のオアシスともいえる広い公園です。この公園の外周(約1900m)を利用して、恒例の一万歩体験ウォークを実地します。このウォークは競争ではありません。ご自分の一万歩が、楽しく歩いてどのくらいの時間がかかるのかを知るよい機会だと思います。  会員以外の一般の参加者には、使用する万歩計を贈呈します。会員でない友人知人を誘って、奮ってご参加ください。 と き 3月11日(日) 雨天中止 集 合 JR山手線・原宿駅表参道口改札口、東京メトロ千代田線・明治神宮前駅2番出口     午前9時30分 乗 物 原宿駅は山手線・品川駅から約15分、渋谷駅から約3分、新宿駅から約5分、池袋     駅から約13分 受 付 代々木公園原宿門内側広場(駅出口より係が案内します。徒歩約5分) コース 公園の外周路を一万歩になるまで 装 備 スニーカー 水筒 雨具 時計 筆記具 弁当(自由ですが、終了後に芝生や噴     水池のある中央広場で食べられたらいかがですか)     ※会員の方は必ず万歩計をご持参ください 資 格 健康でこのコースを完歩できる人 参加費 1000円 会員500円 小学生以下無料 リーダー 清水 正喜 ※ 天候による開催か中止かは、当日7時から事務局の留守番電話で対応します。(03-3493-5601)
3月 17 @ 10:30 AM – 3月 18 @ 5:00 PM
10:30 AM
  東京都の最高峰で、標高が2017mということから、2017年に多くの登山者が訪れた雲取山に登ります。  初日は三条の湯(温泉)に泊まり、翌日山頂を目指します。山頂は東京都、埼玉県、山梨県の県境となっており、また一等三角点があります。頂上からの展望は見事で、富士山、南アルプス、関東平野が一望に見渡せます。その後、鴨沢に下ります。  皆様のご参加をお待ちしております。 と き 3月17日(土)~18日(日) 雨天決行 集 合 JR青梅線・奥多摩駅バス二番乗り場周辺 午前10時30分 乗 物 奥多摩駅は、JR新宿駅から立川駅、青梅駅経由で1時間55分。またはJR新宿駅か     らホリデー快速おくたま5号で直通1時間35分 コース 1日目 奥多摩駅(バス)→お祭バス停→三条の湯(泊)     2日目 三条の湯(上り140分)→三条ダルミ(上り40分)→雲取山(下り20分)→     小雲取山(下り15分)→奥多摩小屋(下り20分)→ブナ坂(下り55分)→堂所(下     り140分)→所畑(下り20分)→鴨沢バス停→奥多摩駅      17時頃解散の予定 歩 程 1日目 約8・2キロ 実働3時間30分     2日目 約14・4キロ 実働7時間30分 装 備 登山靴 ザック 行動食 1日目の昼食 スパッツ ストック(持っている人)      帽子 水 雨具 着替え 防寒着(フリース等) ヘッドランプ(予備電池含     む) 手袋 軽アイゼンまたはチェーンアイゼン等 宿 泊 三条の湯 0428-88-0616 地 図 雲取山・両神山 50000分の1(昭文社) 資 格 中級資格者または中級資格を受ける方で、このコースを完歩できる方 参加費 20000円(1泊3食代、保険料を含む)     ※現地バス代(760円・630円)は各自負担。ICカード使用可。 申 込 事務局へ。先着16名。2月2日午前10時より受付開始。3月12日からの取り消しは     半額を、3月16日午後3時以降の取り消しは全額を請求させていただきます。申     込者が9名以下の場合は中止します。 申込締切日 3月12日 リーダー 滝川 憲政 090-4387-2353      (この携帯は当日のみの緊急連絡先です)
12:00 AM
  北区の北西部にある浮間地区は、かつては埼玉県北足立郡横曽根村に属し、人口400人程度の純農村で、のどかな田園風景が広がり、かつてはサクラソウの自生地として有名でした。田山花袋の「一日の行楽」では、東京近郊の代表的な行楽地として、浮間ヶ原とサクラソウが紹介されています。  その後、大正7年から開始された荒川の大規模改修工事により、浮間地区は埼玉県との連絡が渡船に頼ることになりました。そこで交通の便などから、住民の希望に沿って岩淵町への合併が申請され、大正15年に正式に合併されました。  その後、浮間から志茂にかけて工場が多数進出するようになり、交通の発達などもあり、浮間の人口は徐々に増加し、東京の市街地の一角を形成するようになりました。  桜の見ごろにはまだ早いかもしれませんが、多くの皆さんのご参加をお待ちしています。  トップアスリートの聖地、味の素ナショナルトレーニングセンターにも寄ります。 と き 3月25日(日) 雨天中止 集 合 JR埼京線・浮間舟渡駅改札口 午前9時30分 乗 物 浮間舟渡駅は、JR埼京線・赤羽駅から約5分、大宮駅から約25分     *快速は浮間舟渡駅に停車しません。各駅停車をご利用ください。 コース 浮間舟渡駅→浮間公園→氷川神社→北向地蔵堂→傘屋庚申堂→子育て地蔵堂→ 青面     金剛庚申塔→浮間の渡船場跡・浮間渡船場跡の供養塔群→袋村の水神宮→北赤羽駅     →諏訪神社→赤羽台さくら並木公園→赤羽緑道公園→赤羽自然観察公園→味の素     ナショナルトレーニングセンター→赤羽駅      14時10分頃解散の予定 歩 程 約10キロ 実働3時間 装 備 スニーカー 弁当 水筒 雨具 帽子 手袋 防寒具 資 格 健康で、他の参加者と同様の歩調でこのコースを完歩できる人 参加費 1000円 会員500円 小学生以下無料 リーダー 伊澤 利和
12:00 AM
三浦アルプスシリーズ⑦は、ニリンソウ群生地にご案内いたします。  グリーンヒル住宅街にある沼間大山公園から山道に入ります。二子山方面に北尾根を進み、二子山手前の分岐を森戸林道に向かって、沢を川の流れに沿って下ります。登山靴が必要です。森戸林道終点からは変化のある中尾根を乳頭山(202m)目指し、上り下りを繰り返します。遅咲きのシュンランが咲いているかもしれません。  乳頭山を過ぎ、茅塚(212m)で少し遅い昼食となりますので、途中の休憩時には、行動食を食べておいてください。  昼食後はいよいよニリンソウ群生地を目指して尾根を下ります。鉄塔№㉜を過ぎ、長いアルミの階段を下ると、そこは足の踏み場もない群生地の中です。三浦アルプスは200m程の山ですが、上り下りを繰り返しますので、累積標高は500m以上と思ってください。 と き 3月31日(土) 雨天中止 集 合 横須賀線・逗子駅東口改札口 午前8時30分 乗 物 逗子駅は、JR横須賀線・横浜駅から30分、JR湘南新宿ライン・新宿駅から戸塚     駅経由で1時間10分     ※なお、集合場所にはトイレがありません。駅で済ませてください。 コース 逗子駅(⑤番乗場から8時45分のバス)→グリーンヒルバス停(15分)→沼間大山公     園(受付)(上り下り401分)→二子山手前分岐(35分、川底を下ります)→林道     終点(急な上り下り90分)→乳頭山(15分)→茅塚(昼食)(下り45分)→大沢谷     ニリンソウ(10分)→境橋バス停       14時40分頃解散の予定     ※解散後、JR逗子駅・衣笠駅、京浜急行・汐入駅行きのバスがあります。 歩 程 約6・5キロ 実働3時間55分 装 備 登山靴 滑り止めのある軍手 水筒 雨具 帽子 弁当 行動食 ヘッドランプ      ストック(持っている人) 資 格 健康で他の参加者と同じ歩調で、このコースを完歩できる人 参加費 1000円(会員のみ)     ※路線バス代(往路240円+帰路340円〈逗子駅〉・250円〈衣笠駅〉・270円     〈汐入駅〉)は別途。ICカード使用可。 申 込 事務局へ。2月5日午前10時より受付開始。3月29日午前11時以降の取り消しは参加     費を全額請求させていただきます。申込者が14名以下の場合は中止します。 申込締切日 3月26日 リーダー 宮川 隆彦
撮影協力/光川十洋