イベント情報

要申込み…事前にお電話にてお申込み下さい。(会員のみの参加になります)
申込み不要…申込み不要。直接集合場所にお越し下さい。

ランクのめやす
初級…ほぼ平坦な3時間程度の歩きで、初めての方でも安心して参加できます。
一般…初級より歩く時間が長く、坂道もあります。やさしい山もあり、4時間程度の歩きです。自然に親しみたい方は誰でも参加できます。
一の上…山歩きが主でアップダウンも多く、軽登山靴を着用します。(一般の上)
中級…中級以上の認定資格があり5時間程度の歩きに急な上り下り、岩場、ガレ場などもあり経験者向きです。
上級…上級の資格があり、中級以上の例会に何回か参加している人。健脚向きで十分な体力と経験が必要です。

  • イベント情報の見方
  • 表示切り替え…「イベント情報」のプルダウン(▼マーク)をクリックすると、イベントの表示形式を変更できます。
  • 「カテゴリ」のプルダウン…申込み不要イベントか、要申込みイベントかで絞り込むことができます。プルダウン(▼マーク)をクリックしてどちらかを選択してください。
  • 「タグ」のプルダウン…ランクで絞り込むことができます。複数のランクで絞り込むことも可能です。プルダウン(▼マーク)をクリックしてご希望のランクを選択してください。
  • 「カテゴリ」「タグ」の絞込みを解除したい時は、「×」をクリックしてください。すべてのイベント表示に戻ります。
6月
16
太平山
6月 16 全日

大中寺の七不思議とは…(写真・伊澤利和)

大中寺の七不思議とは…(写真・伊澤利和)


太平山神社

太平山神社


   太平山は、栃木市の西部にある丘陵地帯で標高341m、頂きには太平山神社、謙信平があり、ここからの眺めは南方はるかに秩父連山をはじめ、渡良瀬川との間に点在する丘や林などが海に浮かぶ小島のように映るところから「陸の松島」といわれます。よく晴れた日には、遠く富士山や東京スカイツリーを望むこともできます。
 また、南山麓は七不思議で知られた大中寺など歴史と四季折々の美しい自然にめぐまれた景勝地です。特にこの時期は、咲き誇るアジサイが見られることでしょう。

と き 6月16日(土)雨天中止
集 合 東武日光線・新大平下駅西口改札 午前9時30分
乗 物 東武スカイツリーライン・浅草駅7時43分発の区間急行・南栗橋行きに乗車、曳舟駅
    7時48分着。同駅7時51分発の東武スカイツリーライン・急行南栗橋行きに乗り換
    え、南栗橋駅8時42分着。同駅8時46分発の東武日光線・新栃木行き・普通に乗換
    え、途中、栗橋駅8時50分、新大平下駅9時16分着
    東京駅、新宿駅方面からJR宇都宮線を利用する場合は、栗橋駅まで65分。ここで
    東武日光線に乗り換え
コース 新大平下駅(50分)→大中寺(一部急上り55分)→太平山(下り20分)→太平山神
    社(50分)→謙信平(下り30分)→客人神社(25分)→新大平下駅
    〈14時30分頃解散の予定〉 
歩 程 約10キロ 実働3時間50分 標高差306m 
装 備 登山靴 弁当 水筒 雨具 帽子 ヘッドランプ ストック(持っている人)
地 図 栃木 2万5000分の1(国土地理院)
資 格 健康で、このコースを完歩できる人
参加費 1000円(会員のみ) 
申 込 事務局へ。5月9日午前10時より受付開始。6月14日午前11時以降のキャンセルは、
    参加費を全額請求させていただきます。申込者が14名以下の場合は中止します。
申込締切日 6月8日
リーダー 伊澤 利和

6月
17
多摩川台公園の紫陽花
6月 17 全日

アジサイ 住宅と公園を取り混ぜた理想的な街づくりを目指した田園調布の街。当初の面影は薄らいできていますが、今でも花のある庭と生け垣が残り、静かな住環境であることには変わりありません。
 多摩川台公園の紫陽花に加えて、大田区にある国の登録文化財の住宅や都指定の天然記念物「秋葉の黒松」、ほかにも古墳の遺跡、多摩川遊園地跡の公園、六郷用水と多摩川も、重要なこの地の景観です。破魔矢発祥の新田神社など、古刹を巡りながら梅雨の晴れ間を楽しみましょう。
 国分寺崖線の末端に当たる地域を歩きますので、少しですがアップダウンがあります。

と き 6月17日(日) 雨天中止
集 合 東急東横線および東急目黒線・田園調布駅改札口 午前9時30分
乗 物 田園調布駅は、東急東横線・渋谷駅から急行で11分。東急目黒線・目黒駅から13分
コース 田園調布駅→宝来公園→秋葉の黒松→多摩川台公園→田園調布せせらぎ公園→六郷
    用水歩道→密蔵院→庚申塔→観蔵院→女堀→多摩川土手→二十一世紀桜→新田神社
    →頓兵衛地蔵→光明寺→六郷用水→鵜ノ木八幡神社→白山神社→東急池上線・久が
    原駅
    〈14時15分頃解散の予定〉
歩 程 約9キロ 実働3時間 
装 備 スニーカー 昼食 水筒 帽子 雨具
資 格 健康で、このコースを完歩できる人
参加費 1000円 会員500円
リーダー 鈴木 信子

6月
22
城ヶ崎自然研究路
6月 22 全日

イメージ

イメージ

 東伊豆にある天城山系の溶岩が流れ込んでできた城ヶ崎海岸は、全長15キロに及ぶリアス式海岸です。絶壁が連なり、岬から岬へと続く溶岩の柱状節理と海の青さの織り成す自然の美しさは、壮観です。
 伊豆高原から伊豆海洋公園の間の約9キロが、遊歩道として、城ヶ崎自然研究路の名称で親しまれています(観光客の多い城ヶ崎ピクニカルコースとは異なります)。
 遊歩道に沿って見られる数多くの岬には、江戸時代に漁師が名づけた面白い名前がついています。これを探したり、野鳥観察、岩礁観察を楽しんだり、つり橋や日蓮上人が置き去りにされたというまないた岩など、多くの見どころを楽しみましょう。またヤマモモの日本北限の自生地でもあり、静岡県下最大級の巨木があります。
 バスハイクで、1日ご一緒に城ヶ崎の自然を散策いたしましょう。

と き 6月22日(金) 雨天決行
集 合 渋谷駅ハチ公銅像前 午前7時
乗 物 往復中型観光バス 荷物積み置き可
コース 渋谷駅(バス)→(東名自動車道・厚木IC)→小田原・熱海→伊豆高原→八幡
    野漁港→城ヶ崎自然研究路→伊豆海洋公園(バス)→道の駅伊東マリンタウン
    →熱海・小田原・厚木→東名自動車道→渋谷駅
    〈19時頃解散の予定〉
歩 程 約9キロ 実働3時間
装 備 靴底に溝のあるしっかりした靴 弁当 水筒 雨具 帽子
資 格 健康で、このコース(上り下りのある自然の道)を完歩できる人
参加費 1万2000円(会員のみ)
申 込 事務局へ、先着24名。5月11日午前10時より受付開始。6月14日からの取り消
    しは半額、6月21日午後3時以降の取り消しは全額請求させていただきます。
    申込者が14名以下の場合は中止します。
申込締切日 6月14日
リーダー 大久保 貴 090–4387–2353
(この携帯は当日のみの緊急連絡先です)

7月
7
大菩薩嶺
7月 7 全日
眺望のよい大菩薩嶺(写真・竹内栄)

眺望のよい大菩薩嶺(写真・竹内栄)

大菩薩嶺は、秩父多摩甲斐国立公園に位置する日本百名山の一つで、標高は2057mです。山頂は樹林の中ですが、大菩薩峠から雷岩にかけての稜線からは富士山をはじめ、晴天時には南アルプス、八ヶ岳、秩父の山々など素晴らしい展望が楽しめます。
 中里介山の小説『大菩薩峠』でも知られており、山容が穏やかで登山道も整備され、1年を通して人気のある山です。
 夏のひと時、ご一緒に百名山の稜線を歩いてみませんか。

と き 7月7日(土) 雨天決行(荒天中止)
集 合 新宿駅西口・工学院大前 午前7時20分出発
乗 物 往復中型観光バス(荷物の積み置き可)
コース 新宿駅西口(バス)→(中央高速道・勝沼IC)→上日川峠(上り25分)→福ちゃ
    ん荘(上り60分)→大菩薩峠(上り下り55分)→雷岩(平坦10分)→大菩薩嶺山
    頂(平坦10分)→雷岩(唐松尾根・下り60分)→福ちゃん荘(20分)→上日川峠
    (バス)→中央高速道→新宿駅西口 
    〈18時30分頃解散の予定〉
歩 程 約8キロ 実働4時間 標高差480m
装 備 登山靴 弁当 水筒 雨具 ヘッドランプ 帽子 名札 ストック(持って
    いる人) その他、各自登山に必要なもの
    ※夏季のため水は多めに準備願います
地 図 大菩薩嶺 5万分の1(昭文社) 
資 格 健康で、他の参加者と同じ歩調でこのコースを完歩できる人
申 込 事務局へ、先着24名。6月1日午前10時より受付開始。6月29日からの取り消
    しは半額、7月6日午後3時以降の取り消しは全額請求させていただきます。
    申込者が14名以下の場合は中止します。
参加費 1万4000円(会員のみ)
申込締切日 6月29日
リーダー 竹内 栄 090–4387–2353
(この携帯は例会当日のみの緊急連絡先です)

7月
8
東海道を歩く⑦ 戸塚宿→藤沢宿
7月 8 全日

澤邊本陣跡と明治天皇戸塚行在所阯(写真・清水達王)

澤邊本陣跡と明治天皇戸塚行在所阯(写真・清水達王)


遊行寺橋と奥に遊行寺の山門

遊行寺橋と奥に遊行寺の山門


 藤沢宿は、江戸より数えて6番目の宿場です。すでに戦国時代より交通の要所でしたが、慶長6(1601)年に駅制が定められて、藤沢宿として整備されました。遊行寺の横に日本橋から12里目の一里塚が残っています。
 藤沢宿はそれ以前から遊行寺の門前町として栄え、遊行寺橋のそばには、広重の浮世絵に描かれた江の島一の鳥居がありました。また宿場の西では厚木道、大山道が分岐し、神社詣での人々で賑わっていました。現在の小田急線の西側に上方見附があり、ここまでが藤沢宿の範囲です。
 今回は暑さが予想されるため、早めに出発して、午前中に終了したいと思います。また公園、トイレが非常に少ないので、あらかじめご了承ください。

と き 7月8日(日) 雨天中止
集 合 JR東海道線および横須賀線・戸塚駅橋上改札口(2階) 午前8時
乗 物 戸塚駅はJR東海道線・東京駅より40分、横浜駅より10分。JR湘南新宿ライン・
    新宿駅より45分
コース JR戸塚駅→澤邊本陣跡→お軽勘平戸塚山中道行場碑→原宿交差点→遊行寺→上方
    見附跡→大山道道標→JR辻堂駅
    〈午前12時頃解散の予定〉
歩 程 約12キロ 実動3時間30分
装 備 履きなれた靴 水筒 雨具 帽子 暑さ除けの装備 弁当は自由
資 格 健康で、かつ他の参加者と同じ歩調でこのコースを完歩できる人
参加費 1000円 会員500円
リーダー 清水 達王

7月
16
調布市北西部の街と深大寺を訪ねる
7月 16 全日

味の素スタジアム(写真・竹内栄)

味の素スタジアム(写真・竹内栄)


深大寺の本堂

深大寺の本堂

 東京23区の西に位置し、世田谷区に隣接した調布市は、古くから甲州街道が通り、その後は都心部に近いことから住宅地として発展してきた街です。長い歴史のある深大寺や神代植物公園などでも知られています。
 今回は調布飛行場ならびに周辺に整備されたサッカースタジアムの外観や国立天文台などを見学したのち、深大寺までを訪ね歩くコースです。
 皆さん、ふるってご参加ください。

と き 7月16日(月・祝) 雨天中止
集 合 京王線・飛田給駅改札口 午前9時30分
乗 物 飛田給駅は各駅停車のみ停車。京王線・新宿駅から約30分。(調布駅で各駅に乗り
    換え、2つ目)
コース 飛田給駅→味の素スタジアム→武蔵野の森公園→掩体壕→野川公園→国立天文台→
    深大寺→布多天神社→調布駅
    〈15時15分頃解散の予定〉
歩 程 約9キロ 実働3時間   
装 備 スニーカー 弁当 水筒 雨具 帽子 名札 その他各自必要なもの
    ※夏季のため、水は多めに準備してください
資 格 健康で、他の参加者と同様の歩調で完歩できる人
参加費 1000円 会員500円
リーダー 竹内 栄

撮影協力/光川十洋