イベント情報

要申込み…事前にお電話にてお申込み下さい。(会員のみの参加になります)
申込み不要…申込み不要。直接集合場所にお越し下さい。

ランクのめやす
初級…ほぼ平坦な3時間程度の歩きで、初めての方でも安心して参加できます。
一般…初級より歩く時間が長く、坂道もあります。やさしい山もあり、4時間程度の歩きです。自然に親しみたい方は誰でも参加できます。
一の上…山歩きが主でアップダウンも多く、軽登山靴を着用します。(一般の上)
中級…中級以上の認定資格があり5時間程度の歩きに急な上り下り、岩場、ガレ場などもあり経験者向きです。
上級…上級の資格があり、中級以上の例会に何回か参加している人。健脚向きで十分な体力と経験が必要です。

  • イベント情報の見方
  • 表示切り替え…「イベント情報」のプルダウン(▼マーク)をクリックすると、イベントの表示形式を変更できます。
  • 「カテゴリ」のプルダウン…申込み不要イベントか、要申込みイベントかで絞り込むことができます。プルダウン(▼マーク)をクリックしてどちらかを選択してください。
  • 「タグ」のプルダウン…ランクで絞り込むことができます。複数のランクで絞り込むことも可能です。プルダウン(▼マーク)をクリックしてご希望のランクを選択してください。
  • 「カテゴリ」「タグ」の絞込みを解除したい時は、「×」をクリックしてください。すべてのイベント表示に戻ります。
12:00 AM
新宿歴史博物館では、旧石器時代から現代に至るまでの新宿の生活と文化を展示しています。昭和初期の文化住宅も見ることができます。 消防博物館では、消防の夜明け「町火消し」のことなど、明治から昭和にかけて消防の変遷、現代の消防、大正から平成にかけての消防自動車の変遷など、江戸時代から現代までの消防の歩みが、よくわかります。 江戸時代に甲州街道から江戸市中に出入りする者を取り締まっていた四谷大木戸の跡を見てから、江戸六地蔵のひとつを収めている太宗寺に回ります。 次に訪ねる山公園は、江戸時代、尾張徳川家の下屋敷跡で、有数の大名庭園です。中にある箱根山は、箱根山に見立てられた築山で、標高44.6mあり、23区の中では最高峰とされています。 【と き】8月26日(日) 雨天中止 【集 合】 JR四ツ谷駅四ツ谷・麹町口改札 午前9時 ※四ツ谷・麹町口改札以外には案内がおりません。注意してお集まりください ※集合場所にトイレはないので、駅で済ませてください 【乗 物】 JR中央線・新宿駅から4分。東京駅から9分。東京メトロ丸の内線・新宿駅から6分、東京駅から11分。 【コース】 四ツ谷駅→外濠公園→新宿歴史博物館→消防博物館→四谷大木戸跡→太宗寺→戸山公園(箱根山)→高田馬場駅〈15時10分頃解散の予定〉 【歩 程】 約7.5キロ 実働2時間50分 【装 備】 スニーカー 弁当 水筒 帽子 雨具       ※暑い時期なので、水は1リットルより多めに 【資 格】 健康で、このコースを完歩できる人 【参加費】1000円 会員500円 【リーダー】 香川 久美子
9月 22 全日
12:00 AM
古代、武蔵国は、今の東京都、埼玉県、神奈川県北東部等を含んだ大国で、武蔵国府は古代から中世を通じての政治的拠点でした。  「府中」という市名は、「国府の中」という意味で、国府の所在地であったことに由来します。大國魂神社のすぐそばに、その武蔵国府跡があります。甲州・川越・相州街道が交差する所に、江戸幕府からの通達を掲示していた高札場が残っています。  都選定歴史的建造物になっている足利尊氏ゆかりの高安寺や、分倍河原の合戦で活躍した新田義貞の像を見て、鎌倉街道を歩きます。府中市郷土の森博物館では、展示室で国府と府中の移り変わりを見ることができます。こちらの庭では見事な花々と復元された建物も見られます。  その後、府中崖線を通って、東京競馬場の中にある競馬博物館で、馬と馬事文化を知ることができます。 【と き】 9月22日(土) 雨天中止 【集 合】 京王線・府中駅南口改札 午前9時30分 【乗 物】 京王線・新宿駅から準特急で25分、特急で20分 【コース】 府中駅南口→大國魂神社→武蔵国府跡→高札場→高安寺→新田義貞公之像→鎌倉街道→下河原緑道→府中市郷土の森博物館→府中崖線→競馬博物館→東府中駅〈15時20分頃解散の予定〉 【歩 程】 約9.4キロ 実働2時間45分 【装 備】 スニーカー 昼食 水筒 帽子 雨具 【資 格】 健康で、このコースを完歩できる人 【参加費】 1300円 会員800円 ※ 府中市郷土の森博物館入場料300円を含む 【リーダー】 香川 久美子
12:00 AM
江ノ電は、神奈川県藤沢駅から江の島を経て鎌倉に至ります。 明治35年に藤沢駅~片瀬駅(現・江ノ島駅)が開通し、明治43年、小町駅(のちに鎌倉駅)までの全線が開通しました。 現在、路線距離は10キロ、運転時間34分、15駅で運航しています。 一時は廃止の危機に陥りましたが、付近の道路が渋滞して、電車の定時性が見直されたことや、鎌倉・湘南ブームで復活しました。 途中の極楽トンネルは、藤沢側からは極楽洞、鎌倉側からは千歳開道と呼ばれています。 日頃江ノ電に乗り、江の島・鎌倉方面に出かける方も多いと思いますが、今回は沿線周辺を歩いて巡りましょう。 【と き】 9月29日(土) 雨天中止 【集 合】 JR東海道本線・藤沢駅改札口 午前9時 【乗 物】 藤沢駅へは、JR東京駅から東海道本線各駅停車で44分 JR湘南新宿ライン・新宿駅から53分、小田急線新宿駅から快速急行で60分 【コース】 藤沢駅→奥田公園→新江ノ島水族館→龍口寺→萬福寺→稲村ヶ崎→極楽寺→長谷寺前→鎌倉駅〈14時30分頃解散の予定〉 【歩 程】 約10キロ 実働3時間30分 【装 備】 履きなれた靴 雨具 帽子 弁当 水筒 【資 格】 健康で、このコースを完歩できる人 【参加費】 1000円 会員500円 【リーダー】 渡辺 潤
撮影協力/光川十洋