イベント情報

要申込み…事前にお電話にてお申込み下さい。(会員のみの参加になります)
申込み不要…申込み不要。直接集合場所にお越し下さい。

ランクのめやす
初級…ほぼ平坦な3時間程度の歩きで、初めての方でも安心して参加できます。
一般…初級より歩く時間が長く、坂道もあります。やさしい山もあり、4時間程度の歩きです。自然に親しみたい方は誰でも参加できます。
一の上…山歩きが主でアップダウンも多く、軽登山靴を着用します。(一般の上)
中級…中級以上の認定資格があり5時間程度の歩きに急な上り下り、岩場、ガレ場などもあり経験者向きです。
上級…上級の資格があり、中級以上の例会に何回か参加している人。健脚向きで十分な体力と経験が必要です。

  • イベント情報の見方
  • 表示切り替え…「イベント情報」のプルダウン(▼マーク)をクリックすると、イベントの表示形式を変更できます。
  • 「カテゴリ」のプルダウン…申込み不要イベントか、要申込みイベントかで絞り込むことができます。プルダウン(▼マーク)をクリックしてどちらかを選択してください。
  • 「タグ」のプルダウン…ランクで絞り込むことができます。複数のランクで絞り込むことも可能です。プルダウン(▼マーク)をクリックしてご希望のランクを選択してください。
  • 「カテゴリ」「タグ」の絞込みを解除したい時は、「×」をクリックしてください。すべてのイベント表示に戻ります。
7月 1 – 7月 3 全日
12:00 AM
 東日本大震災から6年、被災地では復興に向けて被災施設の撤去や整備が進められています。今回訪れる先は震災前「陸中海岸国立公園」と呼ばれていましたが、震災後、平成25年5月にエリアを拡大して「三陸復興国立公園」として指定されました。この公園内に「みちのく潮風トレイル」が整備され、総延長700キロにもおよぶ長距離遊歩道ができました。この道を辿り、震災の被害を自分の目で見ることと、三陸の自然の素晴らしさを味わいながら歩くことにより、復興支援のお手伝いができないかと企画しました。  初日は民俗学の開拓者・柳田國男が著した「遠野物語」で有名になった遠野の「遠野ふるさと村」に立ち寄ります。遠野の民話を堪能し、次に向かう初日の宿は、「三陸花ホテル はまぎく」です。このホテルも被災しましたが、見事に復興して現在に至っています。このホテルには天皇皇后両陛下もお泊りになったことがあり、名前のゆかりとなった「はまぎく」はホテルから皇室に贈られた種が皇居で開花し、この地一帯に咲く「はまぎく」と皇室との絆になっています。ちなみに「はまぎく」の花ことばは、「逆境に立ち向かう」です。  2日目は、浄土ヶ浜ビジターセンターから、今回のコースの核心となる「浄土ヶ浜」に行きます。ここはその昔、地元の和尚さまが「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名がついたそうです。ここを後にして潮吹穴を見て、「休暇村陸中宮古」に泊ります。  3日目は、休暇村陸中宮古からウォーキングで「震災メモリアルパーク中の浜」まで行き、その後バスで「たろう観光ホテル」(学ぶ防災)を見学して、帰路に着きます。  震災から早6年。東京オリンピック・パラリンピックが話題の中心となり、震災の記憶も風化を見せている昨今ですが、被災地を訪れ、歩くことは必ずや復興支援につながるものと念じつつ、皆様の積極的なご参加をお待ちしている次第です。 と き 7月1日(土)~3日(月) 雨天決行 集 合 東京駅八重洲北口改札 午前7時30分 乗 物 東京駅は東京メトロ丸の内線池袋駅から快速で13分、東京メトロ丸の内線池袋駅か     ら16分 コース 1日目 東京駅(東北新幹線)→北上駅→遠野ふるさと村→三陸花ホテル「はまぎ     く」(泊)     2日目 三陸花ホテル「はまぎく」→浄土ヶ浜ビジターセンター→浄土ヶ浜→浄土     ヶ浜レストハウス→潮吹穴→宮古姉ヶ崎(休暇村陸中宮古)泊 3日目 休暇村陸中宮古→震災メモリアルパーク中の浜→たろう観光ホテル→盛岡駅(東北     新幹線)→東京駅      19時30分頃解散の予定 歩 程 1日目 約2キロ 実働1・5時間     2日目 約4キロ 実働2・5時間      3日目 約7・6キロ 実働4時間  装 備 歩きやすい靴 ザック スパッツ 帽子 雨具 ストック(持っている人) 着替     え等 宿 泊 三陸花 ホテル はまぎく 0193―44―2111     休暇村陸中宮古 0193―62―9911 参加資格 このコースを完歩できる方 参加費 8万3000円(東京駅からの往復新幹線代、2泊5食、保険料を含む) 申 込 事務局へ。先着25名。6月1日前10時より受付開始。6月12日より20%、6月23日より     30%、6月30日より出発日までは50%、旅行開始以降は全額請求いたします。 申込締切日 6月9日 払 込 6月23日までに全額をお振込みください。申込用紙・お支払いについては東武トップ     ツアーズよりご案内します。参加人数が14名以下の場合は中止します。 旅行企画・実施 東武トップツアーズ株式会社/担当=村永・中野・島田 03―6667―0591 リーダー 滝川 憲政 090―4387―2353     (この携帯は例会当日のみの緊急連絡先です)    
12:00 AM
レンゲショウマの群生地を訪ね、涼しい渓流沿いのロックガーデンを散策する
12:00 AM
 涼を求めて御岳山の奥にある奥御岳渓谷、通称ロックガーデンを散策しましょう。清流とコケの美しい沢沿いの1・5キロほどの遊歩道が昭和10年に整備され、夏には富士峰園地のレンゲショウマ群生地の花とともににぎわっています。御岳山(929m)にはケーブルカーを利用して831mまで上ります。武蔵御嶽神社や綾広の滝などパワースポットや見どころが多く、上り下りを繰り返す変化に富み、涼しく気持ちの良いコースです。都会の暑さを逃れ、のんびりとした山歩きの1日を楽しみましょう。 と き 8月19日(土) 雨天中止 集 合 JR青梅線御嶽駅改札口 午前9時10分 乗 物 中央線新宿駅から快速で立川駅経由、1時間36分。     新宿駅7時42分発のホリデー快速おくたま3号に乗車すると御嶽山駅到着が9時2分に     なり、バス出発まで10分しかありません。十分ご注意の上ご利用ください。  コース 御嶽駅(西東京バス・ケーブル下行)→御岳登山鉄道滝本駅(ケーブル)→御岳山     駅(上り5分)→富士峰園地(上り10分)→御岳ビジターセンター(上り20分)→御     岳の神代ケヤキ(上り10分)→武蔵御嶽神社(上り10分)→長尾平(上り10分)→     天狗岩(下り20分)→ロックガーデン(上り60分)→綾広の滝(上り下り35分)→     天狗の腰掛杉(上り15分)→長尾平(下り45分)→御岳登山鉄道御岳山駅(御岳山     駅からはケーブルカーとバスで御嶽駅に向かいます)      15時頃解散の予定 歩 程 約5・5キロ 実働四時間 累積標高差200m 装 備 登山靴 弁当 水筒 雨具 手袋 帽子 ヘッドランプ ストック(持っている     人) 地 図 奥多摩 5万分の1(昭文社) 資 格 健康で、このコースを完歩できる人 参加費 1000円(往復バス・ケーブルカー料金・計1670円は各自負担、ICカード利用可)  申 込 事務局へ。先着40名。7月6日午前10時より受付開始。8月17日午前11時以降のキャ     ンセルは参加費を全額請求させていただきます。申込者が23名以下の場合は中止し     ます。 申込締切日 8月14日 リーダー 大久保 貴
12:00 AM
幕末の記念物が多く残る神奈川宿から保土ヶ谷宿を歩く
12:00 AM
   保土ヶ谷宿は江戸より数えて4番目の宿場で、神奈川宿から約6キロです。日本橋からは8里9丁(約32キロ)で、江戸を早朝に旅立った旅人の最初の宿泊地になりました。  保土ヶ谷は東海道に宿駅伝馬制が敷かれた慶長六(1601)年に、当初37カ所あった宿駅の1つとして伝馬宿に指定されました。また、この地は金沢浦賀往還の出入り口にあたり、通称「金沢横町」と呼ばれました。四基の道標が今でも残っています。  一方、江戸方見附付近には八王子街道との追分があり、幕末には貿易品の絹を横浜に運ぶ街道として「絹の道」と呼ばれました。交通の要所として栄えた保土ヶ谷宿を実感しましょう。なお、例会日は猛暑が予想されるため、暑さを避け午前中で終了する予定です。 と き 8月20日(日) 雨天中止 集 合 京浜急行神奈川駅改札口 午前9時30分  乗 物 神奈川駅は、京浜急行品川駅より快特で京急川崎駅下車、同駅で普通に乗り換えて     32分。     JR東海道本線品川駅より横浜駅で京急本線に乗り換えて21分。      ※神奈川駅は普通のみの停車です。ご注意ください。      コース 京急神奈川駅→幸ケ谷公園→本覚寺→浅間下公園→旧帷子橋跡→本陣跡→JR保     土ヶ谷駅      午後12時30分頃解散の予定 歩 程 約6キロ 実働2時間 装 備 履きなれた靴 水筒 雨具 帽子 暑さを避ける装備 弁当は自由   資 格 健康で、かつ他の参加者と同じ歩調で、このコースを完歩できる人 参加費 1000円 会員500円 リーダー 清水 達王    
12:00 AM
七草寺のうち、四寺で「秋の七草」を鑑賞後、長瀞の岩畳と宝登山神社を訪ねる
12:00 AM
旧中山道2回目は、板橋宿から志村一里塚、荒川戸田の渡し、蕨宿へと歩く
12:00 AM
、。 平成29年度の海外特別ウォークは、氷河と火の国アイスランドを訪れます。絶海の孤島アイスランドは、地球の裂け目ギャウや、青く輝く氷河、数々の滝、間欠泉など手つかずの大自然に溢れています。そして、夜は極北の空を彩る神秘のカーテン、オーロラも楽しみです。この旅では、合計4回のハイキングを柱に、温泉入浴や、氷河湖遊覧、間欠泉などの大自然観光を盛り込みました。  まず、旅の始まりはケプラヴィーク国際空港のあるレイキャネス半島に連泊しながら、アイスランド版“大露天風呂”ブルーラグーンで温泉入浴。日本の「鬼押出し」が見渡す限り広がるような溶岩台地に、真っ青なお湯の湖が広がります。  そして、見どころが集まるゴールデンサークルへ。数分の間隔で吹き上がる間欠泉や、黄金の滝という意味のグルフォス滝を見学。シンクヴェトリル国立公園では、地球の裂け目ギャウを歩くハイキングを楽しみます。  さらにアイスランドの南海岸地方の2つの滝を観光しながら、東部へ。お泊りは、ヨーロッパ最大の氷河ヴァトナヨークトルを望む、スカフタフェットルに3連泊。ここを拠点として、スカフタフェットル氷河とヴァトナヨークトル氷河にて実際に氷河の上を歩きます。また、3連泊だからこそできる、パイプオルガンのような柱状節理の滝スヴァルティフォスを訪れるハイキングも含め、合計3回のハイキングを組み込みました。さらに、水陸両用車にて氷塊がまた帰りには、コペンハーゲンでの散策やショッピングの時間も予定しています。  皆様、ぜひこの機会にご参加ください。 と き 9月25日(月)~10月4日(水) 集 合 成田空港 午前9時    ※集合場所など、詳細は後日お知らせします。 コース 1日目 成田空港からスカンジナビア航空にてコペンハーゲン乗り継ぎ、アイスラン     ドのケプラヴィーク空港へ     2日目 ブルーラグーン温泉入浴。夜、オーロラ観賞     3日目 ストロックル間欠泉、グルフォス滝、ケリズ火口湖などゴールデンサークル     観光。シンクヴェトリル国立公園ハイキング。夜、オーロラ観賞     4日目 スコウガフォス滝、セリャランスフォス滝、黒砂海岸など南海岸地方観光。     夜、オーロラ観賞     5日目 スカフタフェットル氷河ハイキング。スヴァルティフォス滝ハイキング。     夜、オーロラ観賞     6日目 ヴァトナヨークトル氷河ハイキング。夜、オーロラ観賞     7日目 ヨークルスアゥルロゥン湖遊覧     8日目 レイキャビック観光。その後、ケプラヴィーク空港からコペンハーゲン空港     へ     9日目 コペンハーゲンにて自由行動。その後、コペンハーゲン空港から直行便にて     成田空港へ     10日目 午前、成田空港到着後、解散      午前11時頃解散の予定 装 備 ウォーキングシューズ 雨具 サブザック     旅行道具一式 資 格 健康で10日間の海外旅行を全うできる人 参加費 59万8000円     ※燃油サーチャージは別途必要(4月時点では、1万5200円)     参加費に含まれるもの/全行程往復航空運賃(エコノミークラス)、日程表に提示     した宿泊、食事、乗り物、各観光施設の入場料、ガイド料、各空港施設利用料税、     航空会社保険料、ご自宅と成田空港間往復のスーツケース配送料     参加費に含まれないもの/1人部屋追加料金=10万7000円、手荷物が23キロを超え     たときの追加料金、日程表に明示されていない日本国内旅費、保険料、パスポート     取得代     ※ビジネスクラスご希望の方は、別途手配を承ります。お申込時にお伝えくださ     い。 説明会 8月24日(土)午後3時より(予定)     ※詳細は後日参加者に連絡します 取消料 8月26日から20%、9月23日から50%。出発日以降は全額請求いたします。 企 画 一般財団法人 日本万歩クラブ 主 催 株式会社ニッコウトラベル東京本社/担当=木村 聡 03-3276-0111 申 込 事務局へ6月5日午前10時より受付開始。お申込み日から10日以内に申込書の作成郵     送手続きと申込金5万円のお振込み、8月18日までに残金をお振込みください。申込     用紙・お支払いについてはニッコウトラベルよりご案内します(最少催行人数14     名) 申込締切日 7月27日 リーダー 田中 哲治  ※事務局は同行しません。 ※出国時にパスポート有効残存日3カ月が必要。 
撮影協力/光川十洋