レポート

「子安の里と棚田」に参加して

横浜市・中舘弘美(会員)
 1月27日、一昨年の秋に腰を痛めて以来、久々の例会参加です。この例会は雨で2回中止になっていたそうです。3度目の正直で、今日は強い寒波も少し緩み、絶好のウォーキング日和になりました。
 集合場所の立石公園からは、真っ白な大きな富士山を望むことができました。3三班編成で出発。登山例会から遠のいていた私には、十分な坂道、そして先日の雪も残っていて、思いがけず雪道も歩くことに。
 水仙や梅が咲いている子安の里を通り、胴回り約5.5mもある枝振りの立派なタブノキを見て、湘南国際村のある丘へと歩きました。住宅地区や、研究や研修各種交流を展開する施設があるそうで、とても整備され、きれいなところです。そして何よりもまた、富士山が目の前に大きく見えました。サイコウです。
 昼食休憩をとり、上山口の棚田へ。雪の残る棚田は、何かほっとする景色でした。
 皆さんと一緒に歩くことができ、ほっとできた1日でした。ありがとうございました。