編集部チョイス「おすすめの1曲」

レベル:

掲載楽譜 →

  • ぴあのどりーむ

  • おんがくドリル

  • ピアノの森

  • 丸子あかね先生の導入教材シリーズ

  • ピアノのほん

  • iPhone・iPad対応 どれみふぁむらのたんけんたい

  • ピティナ・ピアノステップ課題曲掲載楽譜

  • 運命と呼ばないで

Facebookに遊びに来てください!

・ココファングループ採用サイト


  • JASRAC許諾番号:S0904012063
  • 6月6日は楽器の日
  • 楽譜のコピーはやめましょう

レッスンQ&A

譜読みが苦手な生徒さんへの効果的な指導法がありましたら教えてください。

私の教室では、音符・リズムの基礎が分からないうちはピアノの演奏に入らない、という決まりがあります。ですから、みなさん「早くピアノが弾きたい!」と必死に覚えてきます。 でも、中にはひとつひとつの音符は読めても譜読みは苦手という生徒さんがいます。そこで、横に音符が目で追えない生徒さんには<横読みフラッシュ>、和音がパッとつかめない(縦に音が見られない)生徒さんには<縦読みフラッシュ>を作ってあげました。

その時に、気づいたことがあります。音符を覚える時に4分音符で覚えた生徒さんは、全音符や2分音符に弱く、逆の場合も同じ事が言えるのです。幼い生徒さんは絵的に音符を見る力が長けていると言われています。だからこそどちらか一方ではなく、模様のように横や縦に読む力も“同時に”鍛えてあげると、だんだん譜読みが楽になってくるのではないかと思います。

個人レッスンの場合は、その生徒さんごとに指導法を変えてあげられることが強みだと思いますので、この生徒さんの弱点はどこなんだろう、何か解決方法はないかな、と考えながらレッスンしています。

また苦手な生徒さんに対しては、次の曲の譜読みを一緒にやってから帰すように心がけています。家で一から一人で読むと思うと、ピアノの前になかなか座らなくなってしまう生徒さんもいるからです。コツをつかめてきたな、と感じたらポイントだけをアドバイスし、少しずつ一人立ちしていけるように指導します。

この他、たくさん譜を読むことで克服出来るようになってくることもあります。レッスンの際、1曲で良いので、初見(簡単なもの)を取り入れてみることもおすすめです。

新しい曲をもらったら「やった~。」と喜んで譜読みに夢中になってくれる生徒さんを増やすために、基礎の部分をしっかりおさえた上で、さらに発展的な指導法を見つけていけるといいですね。

【回答してくださった先生:丸子あかね先生

ひと口に苦手といっても、生徒さんによってその原因は様々です。また、「耳が強いタイプ」と「目が強いタイプ」に大別されますので、そのあたりにも気をつけて原因をさがしてみましょう。

  1. ト音譜表は読めるが、ヘ音譜表が苦手
  2. 調子記号が2つ以上になるとミスが多くなる。
  3. 加線がつくと途端に時間がかかる。
  4. 3和音がすぐにつかめない。
  5. 臨時記号がつくと音があいまいになる。
  6. 音の位置は分かるが、リズムが読めず拍子もとれない。
  7. 1小節や2小節単位のフレーズ読みが遅い
  8. 音符と鍵盤の位置関係が理解できていない。
  9. 片手ずつは読めるが、両手を同時に読むスピードが遅い。
  10. 音符は読めるが、スラーや強弱記号、発想記号が同時に読めない。
  11. 楽譜を追う目の動きが遅い。
  12. 耳から覚えてしまうため、楽譜を見て弾く習慣が身についていない。

ソルフェージュの力が育っていないと、生徒さんは譜読みに倦怠感を感じるようになり、レッスンを続けられなくなってしまいます。
大切なことは、レッスンの中で常に「何が原因で遅いのか」「何が定着していないのか」を確認し、早めの解決策を考えてあげることです。上記の挙げた項目を参考にしてみてください。

そして、「弱点ひとつひとつと根気強く付き合う」「導入時代から耳と目の力を車の両輪のようにバランスよく育てる」ことで、生徒さんの実力を上げていきましょう。

回答してくださった先生:江崎光世先生

このページのトップへ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd. 無断複製・転写を禁ず