飛騨高山のん兵衛まつり編

 中部遠征最終日、ウマ村さんが釣られた「飛騨高山のん兵衛まつり」とは…。高山にある七つの酒蔵を巡るイベントで、それぞれの酒蔵で二種類の地酒を試飲することができるそうだ。これはもう参加するしかないでしょうと、さっそく参加証である「御酒飲帳」を購入し、試飲用の蛇の目猪口をいただく。地酒体験を終えたら、スタンプを押してもらうらしい。

 昔、「夏子の酒」というドラマの取材で新潟県の酒蔵を訪れたことがある。そこは酒造米も自家生産するような大規模な酒蔵で、蔵自体もとても大きく、てっきり酒蔵とはそういうものだと思い込んでいた。なので、まず驚いたのがこの狭い範囲にこれだけの酒蔵がひしめいているという事実。「古い町並」のほかの家屋と同じサイズ感で酒蔵が並んでいる。ただ、よく考えたら江戸時代の造り酒屋がそんなに大きな規模でできるはずもなく、この大きさが本来なんでしょうね。どの酒蔵も江戸時代から続く老舗ばかりだ。

 最初に訪れた原田酒造場の銘柄は「山車」。高山祭の巨大な屋台に由来するのだろう。屋台会館で見学してきたばかりなので、あの山車ね、とうなずきながら生酒をいただく。実は私、日本酒の甘ったるい感じが苦手だったのだが、これはキリッとした辛口でうまい。その後訪れた酒蔵の酒もすべてベタつくような嫌な甘みはなかったから、結局安い酒を飲んで勝手に日本酒に苦手意識を持っていたのだろう。飲んべえウマ村は至福の表情だ。

 続いて向かいにある舩坂酒造店へ。この店には試飲用のバーカウンターがあり、落ち着いた気分で飲むことができる。いっぽう、次の川尻酒造場は仕込み樽を眺めながら蔵のすぐ横で飲めるので、酒蔵巡りの雰囲気を思う存分堪能した。若い女性二人組が楽しげに味について語っているのを見ると、日本酒の未来も明るいなと思う。

 普段あまり日本酒を飲まないのだが、飲み比べると、店によって、種類によってこうも味が違うのかと驚く。いい感じに酔いが回り、酒の肴を欲する気持ちに際限がなくなってくる。私にとっては、やっぱり酒は食の友なのである。七軒回り終わったときには、もはやウオーキングなどどうでもいいとウマ村さんと居酒屋を探し始めてしまったから、今回の万歩道はこれにておしまい!

今回3576歩 距離約2km

(まいた・ようへい=芸能ライター)