レポート

《社会見学》8月19日(月)東京都庁&バスタ新宿の探訪

葛飾区・渡部文治(会員)

 梅雨明け後、熱風、猛暑で心身共にグッタリ、バテバテの毎日である。
 きょうも新宿は蒸し暑い。バスタ内を見学し、都庁へと移動。都庁職員から、庁舎構成(第一・第二本庁舎・都議会議事堂)の成り立ちから、設計者名、建築総工費、職員数、雨水の活用等縷々懇切丁寧に説明を受けた。議事堂7階で一般傍聴席に腰掛け、3年前の都知事選後の議会での小池劇場が目の前で演じられた。感慨にふけることができた。短時間で充実した気持ちと、満足感を得られた例会であった。
 きょうの例会含め「谷川岳里山ウォーキング」例会当たりから風向きが変わったと感じている。これからの「国会議事堂&最高裁判所の探訪」・「ビール工場見学」と続く例会。
 さて、こちらの「変革?」という熱風は心身共に心地好い。と、感じるのは小生だけか。

写真・松本一夫

東京都庁&バスタ新宿の探訪

東京都庁&バスタ新宿の探訪