学研幼児教室は、幼稚園・保育園・こども園の教室で園のお友だちと一緒に
文字・数や科学、英語などを独自の教材と指導で楽しく学べる教室です。

学研幼児教室 > 学研幼児教室コラム

学研幼児教室コラム

学研幼児教室 顧問 池澤純二

保育所第三者評価委員として保育園への外部評価業務や多くの講演を行っている幼児教育の専門家、池澤先生の子育てコラムをお届けします。

子どもと一緒に食事の準備を……

今でも「ままごと遊び」は、ときおり園生活などで見られます。何せ子どもたちの遊び場が極端に少なくなった現在、近所の空き地で、けん玉、メンコ、ままごと遊びなどの光景は本当に珍しくなってしまいました。寂しい限りです。
このままごと遊びの主役は母親ですね。幼い子どもがエプロンをして、「お父さん、いってらっしゃい」とか、「みんな仲良く遊ぶんですよ」などお友だちと楽しくやっていましたよね。子どもは母親のマネをするというよりも母親と同じことをやりたいという欲求があります。つまり、同一視です。この同じことをすることで子どもは満足するのです。
この同一視を食事に応用してみませんか。男の子でも女の子でも母親と一緒のことをするのは大好きです。まして、毎日食事のことをしている母親に、「さあ、今日の晩御飯は○○ちゃんと一緒にカレーライスを作るのよ。そしてね、お父さんが帰ってきたら一緒に食べましょうね」などと話しかけながら、キッチンに入りましよう。
もちろん食材の用意や食事の下ごしらえはある程度事前に準備しておきます。そのうえで、子どもと一緒に、ゆでたり、炒めたり、切ったりします。子どもは大好きなお母さんと一緒に作るわけですから張り切って作ることでしょう。お母さんと一緒に食事を作ることの喜びは、子どもは当然ありますが、そのほか、食材を切る、においをかぐ、味見をする、コトコトト煮えてる音を聞く、目で見るなど五感を働かせる意味合いもあります。
こうしてできたカレーライスを夕食のときにお父さんが、「今日のカレーライスはとてもおいしいね」などとほめたら、子どもは「私が作ったのよ」と誇らしげに報告します。すると、お父さんは「道理でね。○○ちゃんは料理も上手なんだね、ねえ、お母さん」などと家族の会話が弾みます。
このようなホットな家庭の子どもは心が満たされていますので悪くなるはずがありません。ときにはこのような演出をしてみませんか。

全国の学研幼児教室

さらに便利に!

学研幼児教室スマホサイト

学研幼児教室 スマートフォンサイトはこちら
https://www.gakken.jp/playroom/spn/

学研幼児教室スマートフォンサイトQRコードを読み取ってください

QRコードを読み取ってください

動画ライブラリ

トピックス

ぴよちゃん教室

開設園のリスト(東京、千葉、大阪、
広島地区
)を掲載しています。

学研幼児教室ぴよちゃん教室バナー

詳しくはこちら

学研幼児教室コラム

記事一覧はこちら

 忙しい日々を過ごされているご夫婦が少なくありません。最近は就労する女性も年々増えてきて保育園の需要が高まってきています。あまつさえ、待機児童問題が言われてきてから久しくなります。保育園に子どもを通わせている家庭では、両親のどちらかが子どもを園に預けに行かなくてはなりません。また、お迎えもあります。最近は延長保育も日常… 続きをよむ >>

学研幼児教室はプラン・ジャパンをとおして次世代育成支援活動に取り組んでいます
ページTOPへ
コースのご紹介 学研幼児教室とは 学研幼児教室のようす お子さまをお持ちの保護者の方へ 先生募集のお知らせ 開設園募集のお知らせ

Gakkenのオススメサイト

企業情報

(C)Gakken E-mirai Co.,Ltd.